ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

蛇口をひねる

Water flows from higt mountain sources.
Water runs deep in the Earth.
Miraculeusly,water comes to us,
and sustains all life.


高い山の源流から水は流れる
大地の奥底にも水は流れる
奇跡的にも水は私たちのもとへたどり着き
生きとし生けるものの生命を保ってくれる


「この瞬間がすべての幸福」ティク・ナット・ハン著 星 飛雄馬さん訳


ベトナム出身でフランス在住のお坊さんであり、詩人であるテック・ナット・ハンさんの本。2007年の冬に買ったのですが、時々開いては、心洗われる大切な一冊でした。

何だか、今の気分にしっくりきたので、英語と仏教の勉強がてら、毎日少しずつノートに書きとめるのが最近のブームです。何となく毎日が、急ぎ足で過ぎるだけでは、何かを失ってしまうようで、こころの栄養を欲しているのかも知れません。。。

自分自身に立ち返り、一つ一つの動作に気づくことができれば、気づきとともに日常生活を送ることが、しあわせにつながるという、仏教の思想にもとづいた、シンプルで美しい詩と、やさしい解説が書かれている本です。

上の詩は、蛇口をひねる前にこのことを思い出すと、新鮮な水の流れがわかるようになり、水という自然からの贈り物を祝福しましょう、というすすめです。

実際に、あらゆる生命が生きて行けるのは、水のおかげなんですね。
ありがとう☆お水さん☆

この勉強、いつまで続くかわかりませんが、あきらめないで続けられたら、また違う詩もご紹介します。ところで、この本の訳者の星 飛雄馬さん。以前習い事をしていた時に、同じクラスでご一緒していたことがある方なんです。(ちなみに巨人の星の飛雄馬さんは、星さんのお名前から由来しているのですよ。)
[PR]
by luceclassica | 2011-10-14 21:25 | ぶっきょう的な詩
f0212290_17542781.jpg
普段の自分らしくカジュアルに着こなしたいけど、花嫁らしい気品は失いたくない...という方におすすめのプチプライスコレクションの「ミルクティ」。

すべてのドレスはアトリエ内で一点ずつ丁寧に製作したもの。もちろん立体裁断で作られているので、シルエットや着心地にもこだわっています。

その中でも人気のドレス「COCO」のご紹介です。
f0212290_17543926.jpg
少し張りがあり、独特の光沢感のあるミカドシルク。裾と背中には、フランスレースでやさしさをプラスしているドレス「COCO」。50年代を意識したシンプルなデザインは、肩にある切替え線が特徴です。オードリーヘップバーンがしていたようなアイラインを強くひいたクラシカルなメイクも似合います。
f0212290_1754473.jpg
オードリーが、アンドレア・ドッティとの結婚式(1969年)のとき、着ていたのは、ちょうどこのくらいのひざ丈のシンプルなロールカラーで長袖のドレスでした。


ところで、今日はなんだか街がうきうきしているな...と感じましたが、アイフォン4Sの発売日でしたね。使いこなせる自信がない私までもが買いたくなったくらいですから、相当期待が高まっているのですね。そうそう、わたしはなんと6年前に買ったヴォーダフォンの携帯愛用者です。と言ってもこだわっている訳でなく、ただ買い替えるタイミングがなかっただけなのですが...。電話が苦手であまり使用しないので、傷もないし、古い携帯なのに、かなりきれいな状態なのが自慢???です。でも、災害時は、スマートフォンが役に立つらしいので、もうそろそろ買い替え時期なのかな...。

全国的にこの週末は、不安定な気候となりそうです。皆さんも充分に気をつけてお出かけ下さいね。挙式のお客さまのために、何がなんでも、私たちは晴れることを祈るばかりです☆







写真・・松井浩一郎氏  ヘアメイク・・土山悦さん  モデル・・城ノ下優紀ちゃん
[PR]
by luceclassica | 2011-10-14 19:36 | ドレスの魅力

Alice !!

秋の3連休、3回目がスタートしました!!
お天気にも恵まれるようですから、過ごしやすい秋の季節を皆さんも満喫して下さい*
私たちのアトリエは、連休中も元気に営業中!!です。(毎日たくさんのお客さまと出会えることに感謝しながら、ひとつひとつのしごとを丁寧に積み重ねています☆)
f0212290_19392887.jpg
思いっきり夢のあるドレスを作りたくて、思考していたところ、ウォーキング中に思いついたテーマ「アリス」。どうやら頭を空っぽにして、歩いている時は、いつもと違う脳の部分が働くのかも知れません...。
f0212290_19395772.jpg
テーマをアリスに決めてから、もう一度本を読み返すと、原作者ルイス・キャロル氏の言葉遊びがおもしろくて、どんどんアリスの世界にのめり込んでいきました。アートに触れたときは、???と意味がわからないことも多いけど、創造力が刺激されて、インスピレーションが次々にわき出すから不思議です。
f0212290_1940546.jpg
人気のエンパイアドレス。胸元はシンプルなVネック。肩先についている3段重ねのシフォンフリルがポイントです。肩先をやさしく包み込みので、二の腕がほっそり見える効果もあります。
f0212290_19401417.jpg
スカートにもシルクオーガンジーが重ねてあり、透明感ある妖精みたいな雰囲気になるのが人気の秘訣です。それにしても倫ちゃんの笑顔最高ですね!!
f0212290_19402064.jpg
こちらは、パフスリーブとスクエアネックが特徴のエンパイアドレス。女性のからだがコルセットから解放されたばかりの時代の自由で楽しい雰囲気をイメージして作ったドレスです。
f0212290_19402746.jpg
写真では、よく見えませんが、フランス製のシルクオーガンジーには、お花の刺繍とスパンコールがついています。なんとこのスパンコールの形、一般的には丸とか、四角型が多いのですが、この生地は、お花形。可憐でしょ。輝きも、ひかりに当たるとキラキラするやわらかいマットな艶なので、スパンコールが苦手なナチュラル好きの方にも人気があります。
f0212290_19403472.jpg
バックスタイルについている小花のコサージュも優しい雰囲気です。エンパイアドレスの後ろ姿につくお花は、天使の羽根みたいだなぁ...といつも思います。
f0212290_19404283.jpg
アリスの夢の世界に一歩でも近づける、夢のあるドレスを作ることができますように...。


写真・・赤木 宏行氏  ヘアメイク・・土山 悦さん モデル・・塩田 倫ちゃん
[PR]
by luceclassica | 2011-10-08 20:23 | ドレスの魅力
f0212290_14461771.jpg
肌寒い季節になったので、以前作ったジンジャーしろっぷを作りたくなって、お気に入りのしょうがが、スーパーで特売になる日を待っていて購入。
f0212290_14462416.jpg
固いたわしで、ゴシゴシ洗ったしょうがは、スプーンのわきを使って、やさしくこそぎます。憧れのおばあちゃま、佐藤初女さんの言葉を思い出しながら、「自分がしょうがだったら、どういうふうに皮を剥かれたい?」と問いながら、やさしくやさしく、命の移し替えをしていたら、時計が深夜の1時を回っていました(焦)

昼間は、しごとをしていると、どうしても時間があっという間に流れてしまうから
夜は、自分の好きな音楽を聴きながら( この日は ビューティフル・ハミングバード ♫ )
頭を空っぽにしてお料理するのが、リラックスタイム。
こころを解放してくれるし、素材からパワーももらえるので、元気になるけど、ちょっと寝不足になってしまうのが、たまにきず...。
f0212290_14463150.jpg
皮をむいて薄くスライスしたしょうが。
f0212290_14463883.jpg
約900gのしょうがに、今回は同量の甜菜糖と、シナモン3本、月桂樹の葉、クローブ6粒、カルダモン適量を入れたら、次の日の朝まで、土鍋の中でおやすみなさ〜い。
f0212290_14465369.jpg
朝は、いつもより少しだけ早起きして、まずは、お鍋のふたをオープン。
お砂糖がなじんだところに、熊本県産の緑色した無添加レモンをスライスと水2カップを入れて、煮込むこと50分。しょうがをざるにあけて、ビンに移して出来上がり!! (煮込んだしょうがは、休日に日に干して、ドライジンジャーをつくる予定)
f0212290_15582759.jpg

よく加熱したしょうがは、ショウガオールという成分が、血管を拡張して血行をよくする働きがあり、カラダが温まるので、これからの寒い季節には、ぴったり。温かいお湯で割って飲みます。焼酎のお湯割りに入れてもおいしいそうですよ*
f0212290_15583384.jpg
手作りしろっぷで、からだもこころも、Hot(ホッと)ジンジャー*
[PR]
by luceclassica | 2011-10-04 11:46 | 食べること
f0212290_18102454.jpg
Koheiさん&Satomiさんは、10月10日に吉祥寺にある素敵なレストランで挙式とご披露宴をなさいます。昨日はドレスの最終フィッティングにいらして下さいました。

当日ゲストの皆さんにお渡しする冊子を、なんと私たちに、誰よりも先に見せて下さったのです。

まず最初に感動したのがこの帯のお花。イラストを手掛けたのは、Koheiさんですが、このお花は、Satomiさんの雰囲気そのもの...。ほんわかしていてやさしいイメージ* 

動物の表情が豊かなのが、ユニークで、思わず見ている人みんながついつい笑顔に...。
f0212290_181031100.jpg
レイアウトをされたのは、Satomiさん。お二人の好きなものがセンス良く紹介されていて、見ているだけでしあわせ...。イラストも文章も魅力いっぱいで、何回も笑ったり、感動する場面があって、とてもドラマティック!!
そして、とってもおしゃれなお二人らしいブックでした。
f0212290_18104073.jpg
ご家族の紹介やお二人の経歴も、ユーモアたっぷりで楽しく、わたしたちまで自分の年表を、作ってみたくなったくらいです。
f0212290_18104630.jpg
なかでもおもしろかったのは、「とある夫婦の一日」お二人の生活がイラストとともに楽しい文章で綴られているのですが、皆で「おもしろいー*すごいー*かわいいー!!」と何度も言いながら読みました。(Satomiさんの冷えとり姿にも注目*)
お二人の愛情とやさしさがたくさんつまっていて、しあわせでした。ありがとうございました。
f0212290_18105452.jpg
KoheiさんとSatomiさんの大切な一日のウエディングドレスを私たちがご用意できましたこと、とてもうれしく思います。ドレス選びから、Satomiさんにふさわしい一着をお二人で、じっくりご検討されて、決められましたが、すべてのご用意ができて、いよいよお披露目です。Satomiさんが手作りされた髪飾りのコサージュも素敵でしたから、楽しみいっぱいですね☆
f0212290_1811274.jpg
そんな素敵なお二人から、はら☆ロールをいただきました。昨日は、朝から夜遅くまで、ひっきりなしにお客さまがいらして下さったので、仕事の後に「お客さまから、ごほうびをいただいたみたいだね〜*」といいながら癒されつつ、味わいました。素材(米粉&豆乳)にこだわったロールケーキ、とてもおいしくいただきました。優しいお心遣いに感謝です!!ありがとうございました。

10月10日は、Koheiさん&Satomiさん、ご家族の皆様、ゲストの皆様にとって笑顔いっぱいのしあわせなウエディングになりますように...スタッフ皆でこころからお祈りしています☆

※シモキタ散歩の際には、ぜひアトリエにも遊びにいらしてくださいね。
[PR]
by luceclassica | 2011-10-03 23:33 | アトリエから

りんご☆秋映

f0212290_15593931.jpg
Rieiさん!!長野のりんご、たくさんありがとう♡

以前、スタッフとして働いてくれたRieiさんが、長野の実家で収穫した「秋映」という品種のりんごを送ってくれました〜。(わたしの誕生日に届くように...涙)
箱を開ける前から、甘酸っぱい香りがぷーんと漂っていました。とってもいいにおい*

やさしいメッセージ&エンジェルキャットのおもしろイラストがたまらなかったよ!!
Rieiさんが充実した毎日を送っているようすを知ることができて、何よりもうれしい*
f0212290_15594810.jpg
東京に来たら、ご飯食べようね。また皆でクッキングもいいねっ!!
おいしいりんごをどうもありがとう☆
これからも元気で楽しい毎日を過ごして、また会おうね*
[PR]
by luceclassica | 2011-10-03 11:35 | 食べること

りんごヘアー☆ケーキ

f0212290_1552926.jpg
「ぎゃーっ!!」とさけんでしまったケーキで、昨日、誕生日をお祝いしてもらいました。
f0212290_15521672.jpg
いきおいよく「ふーっ!!!」
f0212290_15522196.jpg

f0212290_15522652.jpg
大好きな秋の味覚いっぱいのキャロットケーキは、下北沢の紅茶屋さんラ・パレットさんで作っていただきました。
f0212290_15523253.jpg
たくさんお祝いのメッセージをいただいて、うれしい一日でした。(おめでとう!!って言ってもらうのは、何となく、恥ずかしいから苦手だったのですが...)

周りの方々に支えていただきながら、お客様に喜んでいただける仕事を続けられることに感謝*これからもがんばります&どうぞよろしくお願いします☆
[PR]
by luceclassica | 2011-10-01 23:01 | 食べること