ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お豆パワー

f0212290_2159067.jpg
2日間の休日を使い、今年もおみそ作りをしました。
まずは、しっかり浸水。最低でも18時間お水につけることが、おいしいみそ作りのための第一条件なんだそうです。今は、インターネットでいろいろな情報が仕入れられるので、とても便利です。

初めて、おみそ作りにチャレンジした21才の頃は、周りにも手作りしている人も誰もいなかったので、とりあえず図書館に行って、本を読みあさり、手探りで作ったのを思い出します。
f0212290_215976.jpg
乾燥した青大豆がゆっくりと時間をかけて水を吸って、命を吹き返し、ぴかぴかに光っているところ。

お料理の楽しいところは、素材がどんどん変化していく様子を見られること。3キロの大豆を大きな鍋で、じっくり炊いたら、いい香りに包まれ、とろみが出て来ました。

茹でたお豆を一晩寝かせて、煮汁に溶け出した大豆のうまみを、もういちどお豆に戻すための、ひと手間ものんびりしていて、ゆっくり時間が流れていた昔の時代を思い起こさせてくれるので好きです*
f0212290_21591579.jpg
約2倍の量にふくらんだ大豆を、マッシャーでやさしくつぶし、すり鉢とすりこぎでなじませる。この作業をひたすら繰り返し。単純作業は、好きな音楽をかけて、気持ちを盛り上げて!!
f0212290_2159225.jpg
きっちり空気を抜きながら丸めたみそ玉がたくさんできました。ことしは約15キロのおみそを仕込みました。去年は、久しぶりに作ったので、おっかなびっくりでしたが、今年は、去年の経験を生かして、自分なりの小さな工夫を加えてみました。
f0212290_21592984.jpg
このみそ玉を壷に投げつけて、空気を抜きながら平らにならして、酒粕で蓋をしてカビ予防もしてみました。力仕事で早朝からの作業が続きましたが、お豆パワーで、みそ作りの後は、体の中が変化したように感じました。

一年後の出来上がりが楽しみです☆茹でた大豆と麹・塩を混ぜるだけで簡単にできて、市販のおみそには出せない味のおみそができるので、興味のある方は、チャレンジしてみてくださいね!!

人の手から作り出されるもの、てまひまを掛けて作られたものに、いつも憧れがあって、ついつい熱中してしまいます。昔は各家庭で、このオートクチュールの洋服作りにも匹敵するような手間のかけられた作業が行われていたなんて...日本が世界に誇れる文化だと思います*
[PR]
by luceclassica | 2012-02-26 15:44 | 食べること