ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

オトナ・リボン

普段は、リボンのように可愛らしいものを身につけないけど、ウェディングドレスにはリボンのモチーフをつけたいと願う女性は、いつの時代も後を断ちません。

私が専門学校で洋服の勉強を始めたばかりの頃、先生が「リボンは一見簡単なようでとても奥が深く、リボンを魅力的に作れる要素があれば天才です。その証拠にクリスチャン・ディオール(1950年代に活躍したフランス人デザイナー)は、シンプルを極めた洋服の中に絶妙なリボン使いをしていました。」と話していたのが記憶に残っています。

花嫁のアイテムとしても定番で人気が高いのがリボン。もともとは平らなテープ状のものを結んだリボン結びが起源ですが、ドレスの一部として身につけるときに大人の女性としての気品を感じさせるリボンに仕上げるのは簡単ではありません。

先生の言葉に呪縛されたかのように、素敵なリボンを作ることは、とてもハードルが高く難しいものという先入観がありました。

20代半ばでウェディングの仕事に携わり、必然的にリボンとは切っても切れない関係となり、試行錯誤を繰り返しています。
f0212290_15542210.jpg
上の写真はシンプルでシックなビスチェに大きなリボンが特徴のアンティーク調ピンクのドレス。

素材・デザイン・布の厚み・スカートや身頃とのボリューム・テール(しっぽ)の長さ・張り感・蝶々部分の幅や長さや表情・結ぶ部分の幅・すべてのバランスがリボンの魅力にかかわってきますから、検討に検討を重ねて作ります。

魅力的なリボンが、お客様の魅力を最大に生かすことができますように*
f0212290_15285792.jpg
上の写真は春の挙式のお客様の仮縫い準備、検討中のリポンです。






[PR]
# by luceclassica | 2016-01-29 16:44 | ドレスの魅力

ウォーキング 2016

日頃の運動不足とお正月太りの解消に1月3日からはじめた朝のウォーキング。

今のところ2,3日に一回くらいのペースで続いています。
以前も少しだけ早起きして1時間ほど軽いウォーキングをしていたことが何度かあります。
忙しさにまぎれなかなか長続きできず断念していまうのですが、決まって歩き始めるのが、一年の中でも一番寒いこの時期です。

今年の新しい試みとしては、10km歩くことを目標とし、約2時間くらい歩くということです。

朝の5時半は、まだ月と星がまぶしいくらいに輝くくらいの夜空なのですが、空を眺めながら歩いているうちに暗かった空がうっすら明るくなる時間(明けの空)は、普段起こるはずのないことが起きそうな(魔法にかかりそうな)気持ちで、ファンタジーを感じるから不思議です。

仕事をしているとなかなか夕陽をじっくり眺めたりするチャンスがないので、登ってくる朝陽を眺めながら歩くのはとても楽しい時間だということを発見しました。

休日だった今日は、友人を通して知り合ったご経験が豊富な方に、仕事を続けるにあたってのアドバイスをいただきながらの昼食会を開いていただきました。今までの自分の考えにはない新しい発想を学び、新しい風が吹き抜けたような気持ちになりました。

改めて出会いやご縁に感謝し、この嬉しい気持ちをわたしも人につなげることができる人間になれるよう楽しんでがんばろうと心に決めた一日でした。
f0212290_22412394.jpg
写真は、先週のお休みの日に完成したテディベアのパステル画。




[PR]
# by luceclassica | 2016-01-27 23:44 | お絵描き
今日の朝一番にご来店くださったSachikoさんは、今月末に浅草の雷門にある素敵なレストランにてパーティをなさる予定です。

「あまりヒラヒラしすぎていなくシンプルなドレスだけれど品のいいもの」というコンセプトでドレス選びをされて、私たちのアトリエにたどり着いてくださったそうです。

本当に数あるドレスショップの中から、私たちのアトリエを選んでくださってありがとうございました。

ドレスのご試着では、いつくかのラインを試されましたが2回目のご来店で、お相手のTakehikoさんにもご覧いただいて、直感でドレスを選ばれました。

カジュアルなパーティなのでラフな感じがいいけれど、ある程度の品格を保ちたいというTakehikoさんのご希望で男性用ご衣装の小物もご一緒にご用意させていただきました。

当日のブーケと髪飾りは、仲良しのお友達が生花で作ってくださるのだそうで、仕上がりが今から楽しみですね。

パーティのご準備は、周りの方々のたくさんのご協力もあってとても順調に進まれているとのこと、日頃のお二人のお人柄が表れていて素敵です!!

f0212290_13341814.jpg
白百合のような気品をお持ちのSachikoさんには、透明感のあるシフォン素材と存在感のあるフランスレースがとてもお似合いです。
f0212290_13350199.jpg
1月30日のパーティはTakehikoさんとSachikoさん、そしてご出席される皆様の笑顔が最高に輝く1日となりますように心からお祈りしています。




[PR]
# by luceclassica | 2016-01-17 13:48 | アトリエから

差し出せる人

年明けの3連休もご遠方の方などもいらしてくださって、ご縁を感じるお客様との嬉しい出会いもありました。

日頃のドレスの製作やドレス選びの接客で心がけていることがあります。

まず、その方のチャームポイントは何かということを見つけ出すこと、ふんわりした柔らかいイメージなのか、好奇心いっぱいの若々しさなのか、普段のご自分とは違う一面を表したいのかなどなどを感じとり、外側と内側の魅力を見つけるのは楽しい作業です。

もちろんお会いしてすぐには難しいのですが、少しお話をしてお好みやどう見せたいかなどをうかがっているうちに湧いてきます。わたしなりのイメージとお客様がイメージしているものが違うこともありますが、まずはお客様のお好みを優先してうかがい、必要があればおすすめをするというスタイルです。なんと言っても、ご本人の一番のお気に入りを探すお手伝いが仕事です。

目に見える表面的なもののほかにも、その方がお持ちの内面的なものを洋服で表現したいと思っています。
f0212290_20374406.jpg
いつも胸に花束を抱いていて差し出せる人、それがわたしの夢であり、目標です。

そう願って自分のビジョンボードに切り抜きを貼っていたら、実家の姪がこんな絵を送ってくれて驚きました。
なぜか人にお花を手渡している絵。ちょっとどっきりしました。
f0212290_20502262.jpg
お正月賑やかだった実家が恋しくもなりますが、姪たちがくれる手紙や絵に励まされ、今週もがんばります!!



[PR]
# by luceclassica | 2016-01-12 21:00 | 日々思うこと

2016年の目標

新年あけましておめでとうございます!
私たちのアトリエも2016年のスタートを切り、新しい気持ちで仕事に取り組んでいます。

ここ数年、ことしの目標を仕事&プライベートともに立てるのですが、不思議と頭で考えても全くピンときません。目標というよりは、やらなくてはいけないリストのようになってしまい、以前はなかなか目標が定まらないとこともありました。

毎年氏神さまである北澤八幡神社さまにお正月祈願に出かけるのですが、そのあとは自然と湧いてくることが多く、無理に目標を立てるのをやめました。

今年も八幡さまにご祈祷していただいた後、たくさんのインスピレーションを得て、様々な目標を立てました。このフレッシュな気持ちを忘れずに一年を乗り切りたいものです。

最近では宝地図やビジョンボードなどが流行ですが、ことしの目標もまさにビジョンボードですね。事細かに、そしてもうそれを達成したかのようにリアルにイメージして自分の行動や内面、仕事面では、技術や作りたいものやコレクションのビジョンを固めました。

時間的には同じ一日、1週間、そして一年の流れもビジョンを持つことで流されずに過ごせるような気がします。
f0212290_19592530.jpg
お正月は実家の青森で家族とともに過ごしました。
姪や甥たちと初詣に出かけたり、膝上までの雪やぶの道のりを犬の散歩して、全力で走ったり、お布団の中から明るい月夜を眺めてはしゃいだりと自然や神様に触れることで気持ちもリフレッシュして新たな一年を迎えることができました。普段は静かに過ごすことが多いので、家族が賑やかに過ごせるありがたさを感じながら短い時間でしたが帰省の旅を味わいました。

今年も人の心に響くウェディングドレス作りを通じて、たくさんの方のお役に立てることができますよう精進してまいります。
ルーチェクラッシカをどうぞよろしくお願いいたします。



[PR]
# by luceclassica | 2016-01-07 20:22 | アトリエから

仕事納め☆2015

ことしも残すところあと数日となって、やり残したことがたくさんある気がして急に焦ったような気持ちになり、年末は時間の流れがいつもとはぐっと変わるのが良いところでもありますね。

私たちのアトリエも今日が仕事納めです。今年もたくさんの美しい花嫁たちを送り出し、喜んでいただき、また励ましのお気持ちをいただいた年でもありました。素晴らしいご縁に改めて感謝しています。

2016年も人の心がワクワクするようなドレスを作れるよう、そしてお客様のご期待以上のしごとができるよう精進してまいりたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします!

このブログをご覧になってくださっている方も、どうぞ良いお年をお迎えください*

写真はおやすみの日に書いた17歳の猫キキです。(落書きでごめんなさい。)
f0212290_13485248.jpg

[PR]
# by luceclassica | 2015-12-28 13:59 | お絵描き
花嫁の肌を美しく磨いてくれるために欠かせないのがエステサロン。

実際のお客様に尋ねると、何も特別なお手入れはしていないし、エステにも行っていませんという方が意外にも多くいらっしゃいます。わたし自身も敏感肌で合わない化粧品を使うのが苦手なので、逆にお肌のトラブルが起きるよりなら何もしないままの方がよいと思う自然派でした。

西新宿にある隠れ家的サロン・クラルテさんに通われたお客様を数名拝見し、感銘を受けたことがあります。やはり磨けば光るものはあるのだと知り、肌の可能性とエステティックの技術に感動しました。

丁寧にお手入れされたお肌は、自信に満ち溢れ輝いていました。優しい気持ちでいれた紅茶がお味も美味しいし心が満たされるのと同じで人の外側の美しさも内側も満たされ、内側と外側の美が同時に引き出されるのだと感じました。

セラピストの仁田さんは、わたしが東京立体裁断研究所時代にご縁のあった方で、長いお付き合いです。
良心的な価格はもちろん、仁田さんご自身がお肌がデリケートなこともあって手作りのハーブ石鹸を作られたり、エステで使用するものも厳選されたものであるというのも魅力です。

ブライダルメニューを終了された後も仁田さんのファンになられたお客様が足繁く通い、中には弟子入りさせてくださいと申し出る人もいらっしゃるのだとか。数多くあるエステサロンの中でも本場フランスでの経験を活かし、独自のメニューを考案されています。

本気でお肌の改善を望む方、もっと美しくなりたいというすべての女性におすすめのサロンです。
f0212290_17420441.jpg
クラルテさんオリジナルの手作り石鹸。しっとりとした洗い上がりとさっぱり感がたまらなくて大ファンです。
天然ハーブに体の芯から癒されます。
f0212290_17493574.jpg
今日はクリスマスですね。
昨日のクリスマス・イヴは、下北沢で「小径のノエル」という素敵なイベントがありました。

クリスマスはもともと、太陽の光が弱まるこの季節に生命の再生を願う人類の古い祝祭だったということをだいじにし、下北沢の小さなお店やカトリック教会が、街行く人々の心にも小さな祝福の日が灯ることを願ってキャンドルが灯されるというイベントです。
f0212290_17423320.jpg
昨日はアトリエの直ぐ近くにあるダーウィンルームというお店の前あたりでアコーディオン奏者の方もいらして、お洒落な雰囲気が街中に漂っていました。強い灯りのイルミネーションも華やかで気持ちが盛り上がりますが、キャンドルの炎は人の心を落ち着かせてくれるので好きです。
f0212290_17422971.jpg
ネパールのソックスや帽子、キャンドル作家さんの作品などを販売しているリズム9さんの店頭。
f0212290_17422663.jpg

すべての人の心が温まる2015年のクリスマスナイトでありますように☆





[PR]
# by luceclassica | 2015-12-25 18:28 | おすすめのもの・こと
アトリエでは年内の挙式の方の準備も終了して、一息ついたところです。

今年もたくさんの出会いがあり、大切な一日のためのお手伝いをさせていただきました。
素敵な方との出会いはそれだけでも嬉しいものですが、やはりお客様のお役に立ち、喜んでいただけることが一番の喜びです。

今年はアトリエをオープンしてからちょうど20年目に入り、夏には人前でウェディングと花嫁についてお話させていただく機会などもいただいて、過去を振り返ることもある一年でもありました。

ルーチェをはじめてからは、本当に朝から晩まで製作、そして接客など仕事に追われることも多く、あまり過去を振り返ることも少なかったので、プレゼンにあたり過去の写真やドレス、資料などを見て結構がんばっていたな、と自分を褒めてあげたいそんな気持ちになりました。
f0212290_20595345.jpg
これもすべてお客様や様々な出会いがあってこそ。
ほんとうに支えられてきたなぁと振り返りる機会をあたえられたことにも感謝です。

冬はお花が少ない時期ですが、公園にはエチゼンスイセンが甘い香りを放って堂々と咲いていました。
いつの季節にもお花に心惹かれるのは、健気さ、純粋性、完璧なデザイン、そして時の移り変わりを教えてくれることです。

人の気持ちまで変えてしまうことのできるお花、そしてお花にたとえられる花嫁はいつの時代も注目の的ですね。そんな花嫁を美しく輝かせるためのお仕事に携わることができて嬉しいです。

今日は冬至ですね。身も心も温かくして冬を味わいましょう*


[PR]
# by luceclassica | 2015-12-22 21:23 | 日々思うこと
12月12日の朝は、MasatoshiさんとMichiyoさんのウエディングフォトの撮影がありました。

11月25日にご入籍をされたばかりのお二人。柔らかい冬の陽射しに見守れてお天気にも祝福を受けられながら、お二人にとっても記念となる貴重なお時間のお手伝いをさせていただきましたことを心から嬉しく思います。

私たちのウエディングフォトが一般的なものとひとあじもふたあじも違うのには理由があります。

それは、挙式に臨む花嫁と全く同じそれ以上に準備を万全に行い、当日もヘアメイクはマニキュアからベースメイク、そしてメイクアップと丹念に行いますから、輝きが違います。

撮影も様々な角度から丁寧に、決して丁寧に暖かくご本人さまらしさを引き出すために、なるべくくつろいだ雰囲気になるようにカメラマンさんとヘアメイクさんが、コミュニケーション能力を活かして暖かく包んでくださいます。

もちろんドレスやタキシードも準備を怠ることなく入念にチェックをし、撮影がスムーズに進むように細かい気配りをして、当日お二人の笑顔が一番輝くように気を引き締めて当日を迎えます。

ドレス・ヘアメイク・写真それぞれの持ち味は違いますが、「みんな向かっている方向が同じだから、一緒に仕事ができて楽しい」とヘアメイクさんからもお言葉をいただきました。

昨日、MasatoshiさんとMichiyoさんの撮影中に、少しだけ撮影風景を撮らせていただいた写真です。
f0212290_18285472.jpg
気品と落ち着きのあるお二人にふさわしいスタンダードなお写真から、とてもお茶目な表情のお二人まで余すところなく色々なお写真が仕上がって、立ち会わせていただいた私自身も感無量で、胸がいっぱいです。途中何度もお二人の美しさに心が震え、言葉にならない気持ちになりました。
f0212290_18320299.jpg
MasatoshiさんとMichiyoさんにお会いしたのは、ご試着際に一度だけでしたが、こまめにメールでご連絡を取り合っていたことと、当日の引き出し上手のヘアメイクさんとの会話などから、何度もお会いしたことのあるような親しみを覚え、撮影の際はみんなの息があっていて、お二人の輝きがあふれる素晴らしい写真になりました。

奥ゆかしく温かい優しさをお持ちのMichiyoさんは、同じ女性としても見習いたい魅力あふれる方です。仕事を通じてお目にかかれたこと、そして大切な一日のお手伝いをさせていただいたことが嬉しいです。撮影中は瞳がキラキラ輝いていて本当に綺麗でした。ご本人の内面の美しさも瞳に現れていらして真の美しさを感じました。

とても穏やかでMichiyoさんを見つめる眼差しが本当にお優しいMasatoshiさん。撮影途中カメラマンさんとのやりとりがすごく楽しかったです。最後の花びらのシーンではとてもお二人らしいのびのびとした表情になられていて奇跡のハートも飛んだことが忘れられません。本当に楽しい撮影でした。
f0212290_18285887.jpg
Michiyoさんから、昨日の夜にいただきましたお慶びのメールの一部をご本人さまの許可を得て転記させていただきます。

普段自分ではできない髪型やメイクをしていただいて、素敵な写真を撮っていただけました。
彼もとても気に入ってくれていました。
ヘアメイクさんとカメラマンさん・アシスタントの方にもよろしくお伝えください。
お時間をいただいてどうもありがとうございました。
式は挙げませんが、それ以上に記念に残るものを残してくださってとても嬉しいです。
本当に素敵で落ち着く雰囲気で、何度も行けるところでは無いのが本当に残念です。。。
いつも出してくださるお茶がとっても美味しいですね。
沢山の方を幸せにできるなんて、素敵なお仕事ですね。
写真が届くのを楽しみにしています。

素敵なご感想をいただきまして、本当にありがとうございました。
仕上がりを、どうぞ楽しみになさっていてくださいね !!




[PR]
# by luceclassica | 2015-12-13 21:18 | お客さまからのお便り
11月25日にニュージーランドのテカポ湖のほとりに佇む「善き羊飼いの教会」にて挙式をなさった聡さんと結里加さんから当日のお写真をいただきました!!

清々しい空気が伝わってくるような美しい景色の中で素晴らしい一日を過ごされたそうで、本当におめでとうございます!!
f0212290_22003018.jpg
観光で訪れている方からもたくさんの祝福が!
f0212290_22001535.jpg
お母様が藍の生葉を使って染められたシルクコサージュとテカポ湖の色がお揃いのサムシングブルーになっています。

聡さんのシンプルでクラシカルなロングタキシードと可憐な結里加さんらしいパフスリーブのドレス。細部までこだわられて作られただけあって、本当にお二人らしさに溢れたWedding。はにかんだ笑顔が初々しく美しいです!!
f0212290_22001395.jpg
リムジン前での撮影は、映画のワンシーンのようです!
f0212290_22001073.jpg
まさにおとぎ話の中に迷い込んだかのよう!!
f0212290_22002712.jpg
歴史のある教会の建築とクラシカルなドレスのデザインもマッチしていて素敵ですね。
笑顔とお慶びにあふれている美しい花嫁姿。
f0212290_22001804.jpg
一面にルピナスのお花が咲いていて夢の世界のよう
f0212290_22003335.jpg
青空と雲とに照らされた石造りの素敵な教会
f0212290_22302276.jpg
お二人が運命的な出会いをされたニュージーランドでの挙式。素晴らしいお写真を拝見させていただきましてありがとうございました。
f0212290_22002461.jpg
結里加さんは、初めてお一人でご来店なさってくださったその日にドレスをお申込みくださいました。ご自分の直感を信じて行動なさる方だからこそ、さまざまなストーリーをお持ちなのだと思います。お母様にもたくさんお話しをうかがったり、聡さんととご一緒に飼っていらっしゃるワンコさんのお話しをうかがったり、わたしの中でも楽しい思い出がいっぱいです。

今月中旬のご披露宴では、ゲストの皆さまにまたたくさんの祝福をうけられて素晴らしい時間を過ごされることと思います。聡さんと結里加さん、ご家族の皆さま、ゲストの皆さまの笑顔が溢れる一日でありますようお祈りしています。
f0212290_23325204.jpg
素敵なお写真を本当にありがとうございました。

[PR]
# by luceclassica | 2015-12-08 22:49 | お客さまからのお便り