ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0212290_19483090.jpg
1910年代から1920年代のパリのモード界に新しい風を吹かせた日本の「きもの」。

直線裁ちの袖付けが、当時のヨーロッバの人には、とても斬新に思えたようで、「マンシュ・ジャポネーズ」(日本風の袖)と呼ばれ、とても注目をされたそうです。

それが後に、日本には「フレンチ・スリーブ」として逆輸入されるのですから、どれほどフランスのモードに影響を与えたのかが想像できます。
f0212290_19483719.jpg
当然、きものの構築では、洋服として成り立たないので、ドレスになる場合は、腕を上げられるように、見えない内側にマチがつきますから、一見シンプルなデザインのように見えて、一つの冒険でしたが、日本が誇れる「きもの袖」美を意識してデザインしました。
f0212290_1948434.jpg
素材も、きもの生地のように張りのある綾織りの上質なシルクを使用して、よりきものの雰囲気が出るように仕上げました。

露出を控え目にした、五分袖のドレスには、フランス製の繊細なシャンテリーレースをほどこしたマリアさま型のヴェールをコーディネートし、静けさを感じさせるドレスに...。

撮影時の髪型は、あえて耳たぶしかみえないくらいの、シンプルなセンターパーツのまとめ髪にして、クラシカルに仕上げていただきました。
f0212290_19485168.jpg
ジャケットを脱いだインナードレスは、シンプルなストラップのAライン。胸元とウエストのなめらかなシルエットが美しさの決めてです。


ご近所のお庭の桜もポツポツと咲き始めています。春ですね!!
この時期は、花粉症の方も多ですね。長い冬のあいだに溜め込んだ毒を体が出したくなる季節でもあるので、体調を崩す方も多いのだとか...。(わたしは、すっかりその体質らしく、子供の頃から、なぜだか春が苦手でしたが、去年友人にアドバイスしてもらい解明しました...)

解毒作用のある野菜(山菜や苦みのあるもの、梅干しなど...)をとるようにすると、楽になると聞きました。この季節は、だるくてやる気が起きない〜という方は、是非実践してみてください。(私は、毎朝梅干しを食べるのが楽しみになりました*)
[PR]
by luceclassica | 2012-03-24 19:48 | ドレスの魅力

みすたー☆どーなつ

f0212290_1654491.jpg
Yujinさん&Naokoさん、今日はありがとうございました。

お二人は、4月15日に六本木のレストランにて、パーティをなさいます。今日は、ドレスのサイズ小物合わせと、タキシードのフィッティングにいらして下さいました。

とってもお洒落なお二人ですから、ドレスやタキシードもシンプルでクラシカル、そしてシルエットの美しいものを選ばれ、小物のコーディネートもお二人らしいものをご用意されましたね。

女性らしい華やかな雰囲気をお持ちのNaokoさん。いつもお会いする度にそのやさしさに心温まります。だんなさまのYujinさんも、とてもやさしく素敵な方ですから、きっとパーティ当日は、ゲストの皆さんとあたたかい雰囲気に包まれるのでしょうね...。今から楽しみですね。

そんな心優しく素敵なお二人の大切な一日のお手伝いができるだけでも、うれしいことですのに、こんなにもたくさんのお心遣いをいただきましたこと、心から感謝申し上げます。
f0212290_1655384.jpg
仕事を終えて、皆でホッとしながら、ドーナツを味わいました。とてもおいしくいただきました。ありがとうございました。

4月15日は、YujinさんとNaokoさん、そしてご家族の皆様、ゲストの皆様にとって笑顔あふれる素晴らしい一日でありますように...そして、お二人のお幸せが永遠に広がり続けますように...心からお祈りいたしております。

ps.下北沢にお越しの際には、ぜひアトリエにも足を伸ばしてくださいね*
[PR]
by luceclassica | 2012-03-18 20:36 | アトリエから

バッチ博士のことば

f0212290_21212016.jpg

私たちは皆、癒し手なのです。

なぜなら、私たちのすべてが、その心の中に、何かに対する愛を持っているから。

仲間に対して、動物に対して、自然に対して、あるいは何かの美しさに対して...。

そして、誰もがその愛を守り、さらに高めてゆくことを願っています。

そして誰もが、その人生において、苦しい思いをしたことがあるから、
おのずと、他の人の苦しみに寄り添える心を持っています。

だから、私たちは自分自身を癒すだけでなく、人が自分を癒すための手助けをすることができるという素晴らしい特権も与えられます。

そして、その時に必要なものは、愛と共感する心だけなのです。

1932年 エドワード・バッチ


f0212290_21214144.jpg



私たちのアトリエでも、取り扱いをスタートしましたバッチ・フラワーについて、少しずつご紹介していきます。

今から70年以上前の1936年、イギリスでバッチフラワーが生まれました。
考案したのは「エドワード・バッチ博士」。

高名な医師であり、細菌学者、病理学者でもあったバッチ博士でしたが、患者の訴えに耳を傾けているうちに、従来の診断法や治療法に限界を感じ、自身で、新しい治療法を模索しました。

そして、野生の植物に、こころや感情を癒す不思議な力があることに注目し、長い年月をかけた研究の結果、38種類のバッチ・フラワーを完成させました。

デパートの「ハロッズ」やドラックストアのチェーン店「ブーツ」をはじめイギリス国内で5,000店が取り扱いをしています。

アメリカ合衆国、ドイツ、フランスなど60カ国以上に輸出され、世界中の人々に愛用されています。(日本では1996年頃から一般にも出回るようになったそうです)

バッチフラワーは、医薬品のように、病気や病状に直接作用するものではありません。

しかし、飲むことによって精神状態が安定して、病気が治ったりする例は数多く報告されています。

意識を失った人や赤ちゃん、動物や植物にも効果が認められていますらか、プラシーボ効果(効果があると信じるから作用する)ではないとわかります。

自分の性格や現在の心の状態をみて、それにふさわしいレメディを選んで飲むことで、病気の真の原因となる感情の乱れを治すことができます。

バッチフラワーには、まったく副作用・依存性・習慣性がありませんから、他の薬や治療法と併用することもできます。赤ちゃんから、お年寄りまで、すべての方が安心して飲むことができます。

日常的なストレスの解消、問題のある性格や習慣を改善する手助けになります。

私自身、一年前に震災後の不安な気持ちのバランスをとるのに、フラワーレメディの力を借りました。といっても魔法のように何もかもが解決するわけではなく、自分を見つめられる強さを与えられたように感じています。

私たちのアトリエでの販売は、現在店頭にて行っています。(オンラインショップは只今準備中です)

それにしても、バッチ博士のことば、こころにしみわたりました*
量産できないオーダーメイドのドレス作りにも通じるものを感じました。

袖を通して下さる方(着る人)の気持ち、布(素材)の気持ち、道具の気持ちに対する愛と共感が、いいドレスを生み出しますように。いつも耳を傾けることができますように☆

f0212290_2122357.jpg

[PR]
by luceclassica | 2012-03-17 19:53 | フラワーレメディ

きなこ×クッキー

f0212290_1632516.jpg
Ayakoさん、先日はありがとうございました!!  外出をしておりまして、ブログのアップが大変遅れました。ごめんなさい。。。

3月3日に高輪教会にて挙式とお披露目会をなさいましたAyakoさん。本当におめでとうございます。

Ayakoさんは、ふわふわした可愛らしい雰囲気をお持ちの女性で、ドレスはシンプルでクラシカルなものを選ばれました。ヘアメイクのリハーサルの後にお会いしましたが、ご本人らしいナチュラルなイメージにされて、とてもチャーミングでした☆

小物のアレンジもこだわってご決定なさいましたから、きっと当日もAyakoさんらしく輝いていらしたのでしょうね。ゲストの方々からの祝福が目に浮かびそうです。

そんな素敵なお二人の大切な一日のためのドレスを私たちがご用意できただけでも、うれしいことですのに、やさしいお心遣いをありがとうございました。

クリーミーできなこたっぷりのクッキー、この意外な組み合わせのおいしさに感激しながら、皆で味わいました。ありがとうございました。
f0212290_16325713.jpg
お二人のお幸せがいつまでも、広がり輝きを増しつづけますように...お祈りしております。

※シモキタ散歩の際には、ぜひアトリエにも足をのばしてくださいね!!
[PR]
by luceclassica | 2012-03-16 16:33 | アトリエから