ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

しもきたはろいん

昨日は、「シモキタ☆ハロウィン2011」が開催されました!!

今年から、午後3時のスタートになったので、私たちが観に行った時間には、だいぶ仮装した人も少なかったのですが、おもしろい、いでたちの人がいてワクワクしました!!

もじゃもじゃの人と美女ダンサーさん。
f0212290_13354475.jpg
花冠をつけたガイコツさん。
f0212290_1336341.jpg
駅前で出会った3人組さん。
f0212290_1336166.jpg
道を歩いていて一番光っていたのが、この白い方。頭の上には、天使の輪がついていました!!カメラを向けたら、最高にいい笑顔で近寄って来てくれてうれしかったお二人さん。ありがとさんでした☆
f0212290_13362489.jpg
ハロウィンのスタート地点となった居酒屋の都夏(つげ)さんの前では、いつまでも太鼓の音が鳴り響いていました。今日はちびっこハロウィンだそうです!!
シモキタは、お祭り好きな街です。
[PR]
by luceclassica | 2011-10-30 13:56 | 下北沢散策
宝島社のブランドムック本 MUCHA が10月28日に発売になりました!!
〜アール・ヌーボーの奇才「アルフォンス・ミュシャ」のすべて〜

ミュシャといえば、世界的に有名なポスターのイメージですが、あまり知られていない作品や、ミュウシャ自身の写真が豊富に掲載された特別編集のお宝本です。

ミュシャが描く、お花や葉っぱのモチーフと女神のような女性は、100年前に描かれたものとは思えないくらい新鮮で、色あせることがなく、私たち現代の女性にとっても永遠の憧れです。
f0212290_17393234.jpg
その本の中で、「ミュシャに魅せられた少女」というテーマのページで、私たちのウエディングドレス2着とヘッドドレス3点をご紹介いただいています。
f0212290_17394056.jpg
ミュシャが描く世界観にインスパイアされた4つのストーリー。華やかで妖艶で美しい、現代に蘇る少女の肖像というテーマも素敵...。その中で、私たちのドレスは、「夢想」・「壁際のエリカの花」・「椿姫」というテーマでご協力させていただきました。
f0212290_1739482.jpg
夢の中のようなミュシャの世界に、私たちのドレスも迷い込むことができたこと、とてもうれしいプレゼントのような出来ごとでした。スタイリスト平井律子さん、ありがとうございました☆
f0212290_1740128.jpg
1897年に行われたミュシャの個展の告知ポスター。デイジーの花冠をつけた女性が印象的です。色もデザインもとってもおしゃれ。女性が手に持っている絵の中の3つの輪は、「希望」「信仰」「受難」をハートは「愛」を意味するのだそうです。

ミュシャの永久保存版の一冊です。是非本屋さんで手にとってみて下さいね*
(アンティーク柄のバスケットトートバックもついています!!)
[PR]
by luceclassica | 2011-10-29 15:55 | パブリッシュ
ビンクとオレンジのバラと淡いピンクのガーベラ。

ガーベラは、キク科ガーベラ属。別名はアフリカセンボンヤリ。
なんとも可愛い名前ですね。ガーベラ好きでしたが、初めて知りました。
f0212290_16585381.jpg
バラが「乙女」だとしたら、ガーベラは「少女」のよう...。シンプルな花びらと花弁とすっきりとした茎が、初々しく感じるから。
f0212290_165917.jpg
日本のお花屋さんに並んでいるほとんどの品種は、オランダで作られたものを、日本の農家さんが育てたものだそうです。オランダと言えばチューリップのイメージですが、ガーベラさんもオランダ生まれだったのですね。

お花を購入した帰りに店長の岡田さんから「かぼちゃどうぞ!!」と大きなカボチャと、メークインのジャガイモをいただきました。10人分のスープが入るくらいの土鍋と同じくらいの大きなカボチャ。「メルヘン」という品種でした。「固いのでレンジてチンしてから切ってください」とのやさしいお言葉...。(ふだんレンジを使わないので、大きなおなべで数分ゆでて、やわらかくしてから切りました。)

早速、昨晩のうちに、オリーブオイルで、玉ねぎが透明色になるまで炒め、皮ごとゴロゴロ切ったカボチャを、じっくりと弱火で1時間ほど煮込み、ハンドミキサーで混ぜて、豆乳をいれたスープを作りました。(80度になるまでの時間をできるだけ長くして、ゆっくり火を入れたら、驚くほど甘くなりました*)
f0212290_1659783.jpg
昨日YOU-KA-ENさんでいただいたカボチャ。今日のお昼にはパンプキンスープに姿を変えて、皆のお腹の中にすっかりとおさまってしまいました。いつも素敵なお花を、そしてお心遣いをありがとうございます。またお花を買いに行くのが楽しみです☆
f0212290_16591499.jpg

[PR]
by luceclassica | 2011-10-28 17:59 | 下北沢散策
以前、私たちのスタッフとして働いてくれていたRieiさんが、実家の長野から、信州りんごを送ってくれました!!

信州りんご3兄弟の代表格、まずは、その名も美しい「秋映」あきばえ
f0212290_16101862.jpg
マットな艶が魅力の「シナノスイート」
f0212290_16102362.jpg
まぶしいくらい黄色い「シナノゴールド」
f0212290_16102970.jpg
ビックリンゴ!! あまりに大きくて直径を測ったら11cm、高さも11cmありました。数字では伝わらない気がしますが、とにかくビックリするほどのおおきなリンゴでした。
f0212290_16103817.jpg
おまけに、こんなにも、まるっこくて可愛い茄子さんが入っていました。
f0212290_16104633.jpg
手前の赤いりんごは、紅玉さん。Rieiさんの愛情をたっぷり受けて育ったりんごは、とってもぴかぴかしていておいしそう。うれしいメッセージとたくさんのりんごを、
どうもありがとう☆ 皆で味わっていただきます。
f0212290_1610534.jpg
おとといの10月23日に誕生日を迎えたばかりのRieiさん。☆おめでとう〜☆
プレゼントに「冷えとりガールのスタイルブック」というお気に入りの本を送ったのですが、驚いたことに、親友のMidoriちゃんからのプレゼントは、冷えとりソックスだったんですって!! 皆、つながってて、おもしろいね〜*ェ*〜 今度、長野に行く機会があったら、RieiさんとMidoriちゃん3人で会いたいなぁ☆
[PR]
by luceclassica | 2011-10-25 16:47 | 食べること

おーじゃすの☆ひみつ

f0212290_17185893.jpg
服部みれいさん著「オージャスのひみつ」。自分をぴかぴかに磨いて、自分も皆もしあわせにしましょ!!という知恵がつまった本です。

オージャスという言葉は、アーユルヴェーダ用語で生命エネルギーのことだそうです。
みれいさんによると、オージャスは、おいしい食べものや、毎日の行いの他にも、オイルマッサージや瞑想によって増やすことができるのだそうです*

オージャスって何となく、オーラみたいに雰囲気のことをいうのかな...と想像したのですが、イメージ上のものではなく、オージャスという物質が私たちの体の中には存在するのだそうです。それは黄金色をしていて、炊きたてのごはんのような甘いかおりがするんですって。素敵でしょ*

人間として生まれたのならば、きらきらと輝きたいのは誰でも同じだと思います。
皆でオージャスを増やしてしあわせになりたいですね。
f0212290_1719610.jpg
おいしいものは、からだもこころもしあわせにしてくれるけど、からだとこころがオージャスが増えるのを喜んでいるからうれしくなるのかも知れません。

そういえば先日、下北沢にある有機野菜を使った地中海料理やさんのビオ・メゾンさんで食事をした時に、そのお料理のおいしさと、エネルギーの高さのあまりに、ついつい感情があふれ出してしまい、自分の手を、ぎゅっと強く握っていないと涙があふれそうになって、あわてたことがありました。きっとオージャスのあまりの多さに、からだが驚いてしまったのだと思います。
f0212290_17191451.jpg
アーユルヴェーダの理論にもとづくと、体質別にオージャスが増えたときの傾向も違うのだそうですが、基本的には、自分自身の本来の魅力を発揮できるようになるのだそうです。
f0212290_17193385.jpg
ほんとうに神秘ですね。
具体的にどうやってオージャスを増やしていくのか、細かいアドバイスもいっぱいだし、みれいさん自身の体験談も含め、興味深い記事ばかりです。平松モモコさんのやさしくてゆるーい雰囲気のイラストも満載で、休日にゴロンと横になっても読める、おすすめの楽しい一冊です。
f0212290_17194586.jpg

f0212290_17195390.jpg
うしろ姿も可愛いでしょ☆Love
[PR]
by luceclassica | 2011-10-24 21:21 | 本棚
f0212290_179393.jpg
細部にまでこだわったデザインに定評のある小物作家、南律子さんの新作ピロー。
今年の夏にデビューしたばかりのデザインですが、人気のため、在庫切れしていましたが、昨日3個入荷しました!!
f0212290_179102.jpg
さまざまなデザインがあるピローですが、律子さんのピローは、シェル型の他にも、りんご型や白鳥型、たまご型など、バラエティに富んでいるのに、どれも上品な仕上がりになっているのが特徴です。
f0212290_1791741.jpg
真ん中の人魚姫のチャームがポイントです。
f0212290_17924100.jpg
時間と手間ひまを惜しまずに作られているので、手に取ると、丁寧に作られた思いまで伝わって来てしあわせになります。お友達のプレゼントに、こんなにも、おしゃれなリングピローは、喜ばれること間違いなしのおすすめの逸品です!! Shoppingページ、チェックしてみてくださいね。



いとしのマーメイド・シェル型ピロー

[PR]
by luceclassica | 2011-10-24 17:22 | 小物の魅力
f0212290_17484488.jpg
ことしの夏に見つけた本の一冊。日々の生活で早くまわり過ぎた時計をゆっくり巻き戻し、とげとげした心を、まあるくなでてくれるような文と写真。アメリカの絵本作家のマーシャ・ブラウンさんの本で、日本語訳は、谷川俊太郎さんです。

ちっちゃな ひな もう はくちょうの Sのかたちに くびを そらしている。
この きれいな けむしは はっぱを たべる いつか うつくしい ちょうちょうに なるために。
f0212290_17493213.jpg
ぬまの みずは まじめな 木々の かたちを さそい、いっしょに おどりだす
f0212290_17493953.jpg
木を だきしめてごらん。
そして 木の きているものを かんじてごらん。
くさきも だきしめる。 いのちがけで だいちへと のびてゆく。

わかい ねっこが としとった ねっこを だきしめる。
そして ふたつとも だいちを だきしめる。
f0212290_17494554.jpg
あわただしい毎日を静かな心で過ごすことは、難しいけれど、喧噪を離れ、こころが静まりきった(瞑想)時に出会う感覚に似ているなぁ...と一目惚れした本。今度マーシャ・ブラウンさんの絵本も読んでみたいな*
[PR]
by luceclassica | 2011-10-22 23:21 | 本棚

焼き栗ごはん

栗拾いが楽しくてたまらないという実家の母より栗が届いたので、栗ごはんに初チャレンジ!!余分な水分を飛ばすために半日ほど、お日さまにあてて下ごしらえ開始。
この、ひと手間かけることで、甘みが凝縮されて、うんとおいしくなるそうです。
f0212290_15464240.jpg
皮を剥きやすくするために、熱湯に30分ほど浸しました。
f0212290_15464891.jpg
ここで厚い皮を丁寧に剥きます。充分に注意深く切ったはずなのに、栗の皮だけでなく、自分の指も切ってしまいました。(みなさんも☆注意してください)!!
仕事で使う手は、傷を作ってはいけないのに...反省!!  それにしても栗は、見た目も可愛い形をしていますが、まるで絨毯のような渋皮姿も美しいですね* (いがぐり姿も見てみたかったな)
f0212290_15465397.jpg
強火で熱したフライパンで、渋皮に焼き目をつけ、香ばしさをプラス。このあとは、手でするすると渋皮がむけるはずでしたが、まだまだ栗ごはん初心者。ここからも渋皮をむくのに、なかなかの苦戦をしました。
f0212290_15465911.jpg
すべての下ごしらえを休日に終えて、今日のお昼に、焼き栗ごはんを炊きました。昆布だしと、自家製の甘酒と塩麹、それにほんのちょっぴりのお醤油で、栗がゴロゴロ入ったご飯が完成。お昼に皆で味わいました。
f0212290_1547542.jpg

[PR]
by luceclassica | 2011-10-21 14:44 | 食べること
f0212290_1724554.jpg
Tomokoさん&Naoshiさん、おめでとうございます☆☆☆
そして、うれしいお手紙とお心遣いありがとうございました。
直筆の小鳥さんが、たまらなくキュートで、やさしさが伝わってきました。

お二人は、10月15日に山の上ホテルさまにて、挙式とご披露宴をなさいました。ドレスは、Tomokoさんのお肌の美しさと清楚さが、一番きれいに映えるホワイトのコットンサテンとコットンレースのドレスにご決定下さいましたので、ご披露宴でも、ご自分らしく振る舞うことができたとのことで、本当によかったですね*

幸運に恵まれたお二人の挙式は、直前に雨が上がり、お外での写真撮影もできたそうです!!すごいですね☆私たちも本当に、うれしく思いました。
f0212290_17241015.jpg
Tomokoさんとは、小物合わせの際に、いろいろなおしゃべりをさせていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。

今年の7月3日に、挙式を迎えられたお友達のKumikoさんをご紹介くださったのも同じ職場のTomokoさんです。仲の良いお二人が、ルーチェクラッシカのドレスを選んで下さったこと、とてもうれしく思います。TomokoさんとKumikoさんは、おふたりともご自分の世界観をお持ちで、ちょっとふわっとした雰囲気が共通点ですね。とても、こころやさしいお友達同士で、ほほえましく思いました。
f0212290_17241515.jpg
いただきました西光亭さんのくるみのクッキー。こんな和風のお嫁さんバージョンもあるのですね。とっても可愛いパッケージに感激です。まるで花嫁のおしろいみたいな白い粉たっぷりのクルミのクッキー。午後のお茶の時間に皆で、紅茶とともに味わっていただきました。やさしいお心遣いをありがとうございます。

NaoshiさんとTomokoさんのおしあわせが、永遠に輝きを増しますように...笑顔いっぱいの毎日をお過すごしくださいね。スタッフ皆でお祈りしています☆

下北沢にお越しの際には、Kumikoさんとご一緒に、アトリエにもぜひ遊びにいらしてください。それから、夢のある素敵なお仕事、私たちも応援しています!!
[PR]
by luceclassica | 2011-10-18 00:16 | アトリエから

秋のローズ☆フェア 

f0212290_1723457.jpg
近所のお花屋さん「YOU-KA-EN」さんの「秋のローズ・フェア」最終日だった今日。
3種類のピンクのバラを購入。やっぱり「ローズは愛」。バラの美しさにうっとり...。
f0212290_17231298.jpg
広々した店内はもちろん、外の鉢植えコーナーも、夢ふくらみます。やっぱりお花屋さんはいいなぁ。以前足をケガしていて、痛かった時に、花束を抱えて歩いたら不思議と足の痛みを感じずに歩けました。お花ってきれいなだけじゃなく、すごいパワーがあるように思います。
f0212290_17231760.jpg
昨日は、ネパールに40日旅していた友人から、おみやげの石をもらいました。ネパールで採掘されたローズクォーツ。あたたかみがあってほんのりとやさしいピンクがすごくきれい。時間がなかったので、ゆっくり旅話を聞けなかったけど、無事に帰国して再会できたことがうれしかった。ネパールの植物や鉱物は、とてもエネルギッシュで人を元気にしてくれるそうです☆麻のヘンプオイルも強いエネルギーを感じました。
[PR]
by luceclassica | 2011-10-17 23:44 | 好きなもの