「ほっ」と。キャンペーン

ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

f0212290_20232637.jpg
コサージュ教室でのお茶のひととき。いただきもののさつまいもとピーチのタルト。とてもおいしく、皆のこころもほぐれました。

f0212290_20205313.jpg
お茶の時間、Mr.Kのお膝で甘えるキキ。※ 注・げんこつされてる訳ではありません、頭をこすりつけて、スリスリするのがお気に入りなんです。
[PR]
by luceclassica | 2011-07-31 23:17 | コサージュ教室

カメリア☆くらぶ

f0212290_2053751.jpg
カメリアをつくるコサージュ教室、夏の部は、今日が最終日でした。
f0212290_2054883.jpg
ほっこりとしたコットンの生地でつくる椿のお花、この夏は、たくさん生まれました。

2年以上ぶりの再会もあって、同窓会のような楽しい時間が流れました。本当に時の経つのは早いですね。
f0212290_2055892.jpg
秋は、また違う作品で、技術を伝え合い、高め合っていきたいと思います。それまでにコサージュ部門でも、ますます腕に磨きをかけて皆さまをお迎えできるよう努力を重ねてまいります。
f0212290_2061199.jpg
今日もたくさんの笑顔に出会えて充実した一日でした!! おつかれさまでした☆ 完成したカメリア☆ブランコを胸につけたSanaさん。
f0212290_206442.jpg
秋には、マリーローズにチャレンジしたいそうです。よい夏を過ごしてね〜*
[PR]
by luceclassica | 2011-07-31 23:06 | コサージュ教室
f0212290_1927655.jpg
西新宿にあるエステサロンの「クラルテ」さんから、いただきものが届きました!!

いつもお客様がお世話になりまして、お礼を申し上げるのは、私どもの方ですのに、優しいお心遣いをいただきまして本当にありがとうございます。

クラルテ・仁田さんの魔法の手にかかれば、花嫁はますます美しさに磨きがかかり、きっとこころまで潤うことと思います。花嫁だけでなく、お肌なデリケートな方や日頃の疲れがたまっている方にもぴったりのサロンです。

ご結婚を機にクラルテさんに出会い、その後も継続して通われている方も多いそうです。仁田さんの技術とセンス、それにお人柄のたまものです☆
ぜひ、皆さんも訪ねてみて下さい。

f0212290_19271396.jpg
ドラマチックなくらい真っ赤な箱を開けたら、香り高い素敵な石けんがたくさん入っていました。

さまざまなハーブや天然植物が入っている、この石けん。驚くことに主成分は米糠のオイルなんだそうです。すごくからだによさそうですね。
f0212290_1927204.jpg
船のような、葉っぱのような形も素敵ですね。優雅な気持ちになれそうな石けん。皆で大切に使わせていただきます。

仁田さん、お心遣いをありがとうございました。お忙しいと思いますが、私たちのアトリエにも遊びにいらして下さいね*
[PR]
by luceclassica | 2011-07-30 22:27 | アトリエから

制作ちう☆

f0212290_18571455.jpg
今日も、秋の挙式のお客様のドレスの制作をしました。小さなずれもないよう慎重に。なかなか思うように進まない日もあるけど、そこで、短気を起こしてはいけません。

あくまでも平静なこころで、ひとつひとつを進めるしかゴールに達する道はありませんから、毎日が修行です。
f0212290_18573247.jpg
わたしの好きなアーティストの方の言葉に「満足が贅沢」というのがあり、とても印象に残っていました。

脳科学者の茂木健一郎さんの、今朝の連続ツイートのテーマが「贅沢(ラグジュアリー)」。茂木さんいわく、高価だからとか、ブランドだからとかではなくて、自分が本当にいいなぁ...と満足することが一番の贅沢。だから人それぞれの贅沢があるんだよ、と言っていました。

茂木さんのおじいさんとおばあさんは、明治生まれの人だったから、七輪で魚を焼いたりしていたけど、現代のエアコンの効いた部屋で電子レンジでチンしたものを食べるよりもどんなに贅沢だったかわからない、というようなつぶやきで考えさせられました。

私たちも、お客様に、こころからの満足をしていただける仕事ができますように...☆



ところで、私たちのアトリエでは、メンズの衣装のお取り扱いをはじめました。詳しくはこちらをチェックして下さいねルーチェ-クラッシカ ウエディング
[PR]
by luceclassica | 2011-07-29 23:12 | アトリエから

色☆どれす

虹をテーマにしたカラードレス☆コレクション
f0212290_1937169.jpg
「結婚式でのお色直しは、したいけど、派手な色ドレスは着たくないんです```」という声もよく耳にします。

淡い色使いのエンパイアドレス。淡いピンクは、しあわせやよろこびの色。
可愛らしいピンクなので甘くなり過ぎないよう、装飾はあえて控え目に、クラシカルなスクエアネックで五分袖のデザインにしました。
f0212290_1937779.jpg
ふんわりアップにしたあみこみヘアに花冠をつけたら、舞い降りたフェアリー気分。
f0212290_1937137.jpg
スカートのボリュームがたっぷりでふわふわ。女性らしいやわらかさを表現するには、とろけるようなシフォン素材がいちばん。
f0212290_19371992.jpg
こちらは、艶やかなシルクサテンのドレス。ピンクベージュの上品な色使いが特徴です。胸元のトリミングが1950年代風。
f0212290_19372552.jpg
シンプルだけど存在感があるドレスです。大きなリボンやお花などの装飾がないぶん、ドレスのシルエットがいのち。流れるようなスカートのラインが決め手です。
f0212290_19373068.jpg
差し色に何を持ってくるかで、またイメージが変わります。秋の花嫁ならシックな色使いのオールドローズなどとも相性がよいと思います!!
写真・赤木 宏行氏 ヘアメイク・土山 悦さん モデル・塩田 倫ちゃん


今日は、気温が30度を下回りましたが、湿度が高く蒸し暑い一日でしたね。でも先日までの猛暑ほどにならないので、ほっとしています。最近はゲリラ豪雨にも注意しないといけないみたいですね。ただの夕立と思いきや、規模が違うようなので、うかうかできません。皆さんも突然の雨には気をつけて下さいね*


ところで私たちのアトリエもfacebookページを開設しました!! 「いいね!」を押して下さった方には、最新情報が届きます。ぜひ押してくださいね。ルーチェ クラッシカ ウエディング
[PR]
by luceclassica | 2011-07-28 22:08 | ドレスの魅力
f0212290_16582112.jpg
Yasukoさん&Kazuhikoさん、おめでとうございます!! そして素敵なお写真とご丁寧なお手紙を頂戴しましてありがとうございます。

お二人は、6月12日に山の上ホテルさまにて挙式とご披露宴、そしてホテル内のレストラン・シェヌーさまにて、パーティをなさいました。

美男美女のお二人は、美しいだけでなく、とても心温かくやさしいお客様です。3月の地震の後も、私たちスタッフを気遣うメールを下さったり、ご連絡をいただく度にやさしいお言葉を掛けて下ったことが、忘れられません。

そんな素敵な、お二人が最高に輝く日のドレスを私たちがご用意させていただきましたこと、とても光栄に思います。

当日は、ゲストの男性&女性の方々に「雰囲気に合ってるよ」「ふんわりしてやさしい感じ」「人生で最高にかわいい!!きれい!!」とお声を掛けられたそうです。清楚なイメージのYasukoさんらしさが出ていらしたからですね。私たちもとてもうれしく思います。

ヘッドドレスの小花のティアラもご好評だったそうです。ナチュラルだけど気品あるテイストがYasukoさんにぴったりでしたからね! まるで天使の輪のようにチャーミングでした。

最高に爽やかで素敵なKazuhikoさんとYasukoさんの笑顔がいつまでも輝きを増しますように...☆お祈りもうしあげます。


また下北沢にいらした際には、ぜひアトリエにも遊びにいらして下さいね。
いつも優しいお気持ちとお言葉をありがとうございました。Yasukoさんのように素敵な女性に出会えたこと、誇りに思います*(私たちも同じ女性として見習いたいと思っています!!)


ではでは楽しい毎日をお過ごし下さい☆
[PR]
by luceclassica | 2011-07-26 17:45 | VOICE

コサージュ教室☆第3回

f0212290_845846.jpg
昨日は、3回目のコサージュ教室でした。
f0212290_85525.jpg
前回のカメリアよりも一歩進んで、高度な技術を使いバラを作りました。コテあては、やっぱり難しいですが、皆さんがんばりました!!
f0212290_85124.jpg

f0212290_851812.jpg

ご参加くださったEriさんがお芝居に関わるお仕事をされているとのことで、お茶の時間には、楽しいおしゃべりに花が咲きました"
f0212290_852529.jpg
仕上がったマリーローズ・ブルーベリークリーム、とっても可愛いです。手間のかかったぶん、完成の喜びもひとしおです。
f0212290_853270.jpg
お暑い中、ご参加くださりありがとうございました。
f0212290_853968.jpg
少し涼しくなった頃には、次の新作コサージュ教室も予定しています。楽しみにしていてくださいね〜*

31日・日曜日のカメリア教室は、まだお席に空きがございます。ふるってご参加ください☆
[PR]
by luceclassica | 2011-07-26 13:06 | コサージュ教室

今日が終わるころに♫

今日が終わるころに

今日が終わるころに
洋蘭の舞台へ
向島のひかりよ
青と緑の花

息づいてる船に
車ごとゆられて
乗客はあおぐよ
空を舞うとんびを

歌は愛を描き
悲しみをさするよ
知り尽くした曲を
メロディカがなぞるよ

あの家の想い出
潮風がつつむよ
れいこう堂のおとが
いつまでもきこえる

歌は愛を描き
悲しみをさするよ
れいこう堂のおとが
いつまでもきこえる

作詞・作曲・編曲 青柳拓次


青柳さんが、尾道を旅した時に生まれたという歌。懐かしい風景が目に浮かんで、初めて来たのに知っている場所のような夢のように美しい曲。

この歌詞からは、想像がつかないような和太鼓とチャンチキ、民謡みたいな合いの手が入る、とっても和の感じのする、それでいて大きな広がりを感じるうたです。

世の中には、たくさんの天才がいるから、日々の暮らしの中にうるおいを与えてもらえてうれしい。

よしもとばななさんや町田康さんの新刊も気になる...☆
[PR]
by luceclassica | 2011-07-24 22:33 | ルーチェなB.G.M

ジンジャー☆シロップ

バタバタと早く過ぎてしまう時間を、ゆっくりと巻き戻すような休日の気分転換。

キッチンでゆっくり過ごす時間は、わたしのこころを洗ってくれるし、からだに必要な栄養になるたべものを作るための神聖な場所。
f0212290_15214370.jpg
梅シロップを作ってから、くせになってしまったシロップ。こんどはショウガを使ってジンジャー・シロップに挑戦。

高知県産の特別栽培(減農薬)のショウガがスーパーのお買い得品だったので、10パック購入。ショウガの皮は、スプーンの脇をつかうと力入らずで、すらすらとむけるんですよ。包丁だと、こぶこぶまでカットしてしまいますからね...。きれいに皮をむいたショウガを薄くスライスして土鍋へ。ショウガの分量は皮をむいた状態で600グラムありました。

そこへ北海道産の甜菜糖(てんさいとう)を500グラム、そっと入れました。
f0212290_15215287.jpg
そこへシナモン2本(折って)・ローリエ2枚・クローブ5,6粒・カルダモン少々を入れました。砂漠みたい...。このまま一晩おいてじっくり香りを出します。
f0212290_1522230.jpg
朝、お鍋を開けたら、いい香り!!おさとうも、溶けてショウガになじんでいました。
f0212290_15222386.jpg
レモン1個分の半分を輪切りにスライスし、水を1カップだけ焦げ付き防止に入れて一緒に煮込みました。
f0212290_15223189.jpg
ことこと約45分煮込んで、こすだけ。ショウガについているシロップもしっかり絞ったら完成!! ショウガは、天日にあてて乾かすとドライジンジャーに。クッキーやケーキに入れてもおいしそう(たぶん作れないけど...)
f0212290_15223720.jpg
シャワシャワの炭酸水を入れれば、おいしいジンジャエールが出来上がり☆
f0212290_15224727.jpg
この日は、一緒にミントシロップも作りました。ミントシロップを水で割った飲み物をフランスでは、「マンタロー」って言うんですって。可愛いでしょ*(冷蔵庫に、一枚だけとっておいたミントの葉っぱがしおれてた!! ミントさんお水たりなくてごめんね)
f0212290_15225574.jpg
次は何のシロップにしようかな...
[PR]
by luceclassica | 2011-07-22 16:45 | 食べること
樽湖夫(エドツワキ)さん作詞、伊藤ゴローさん作曲の「ノスタルジア」という曲があまりにも美しくして、その世界観に魅了され、ちょうどその時にマイブームだった宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の不思議な感覚がミックスされ、タルコフスキー監督の「ノスタルジア」にも影響を受けて出来上がったコレクション。

いろいろなアーティストの方に、創造力を刺激され「どうか、わたしたちの手から美しいものが紡ぎ出されますように...」と祈るような気持ちで、作ったドレス。
f0212290_16252475.jpg

明治生まれの祖母の影響をたくさん受けて育ったせいか?子供の頃から、古いものや懐かしい雰囲気が好きでした。祖母の花嫁道具の長持ちや箪笥を見て「おばあちゃんが娘だった頃は、どんな暮らしをしていたんだろう...」に想いを馳せては空想していました。今でも、やはりそれが物作りの根っこになっている気がします。手間や時間を惜しまずに作られたものは、時代を超えて人の心に残るのだと思います。
f0212290_16253147.jpg
奇抜なデザインや派手さを競うものではなく、着て下さる方が一番輝くもの。ドレスは、自然体で控え目だけど存在感のあるものをいつも意識して作っています。
f0212290_16253933.jpg

f0212290_1626158.jpg

f0212290_16261152.jpg
写真・赤木宏行氏 ヘアメイク・土山悦さん モデル・チエミちゃん



今日も、アトリエでは、お客様の接客とドレスの制作。
秋の挙式のお客様の準備を進めています。

半袖だと少し腕が冷たくなるような涼しい一日でしたが、あさってからはまた真夏の暑さが戻るそうです。気温差や湿度に皆さんも夏バテしないように、体調管理をなさって下さいね*
[PR]
by luceclassica | 2011-07-21 17:55 | コレクションのこと