ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:本棚( 16 )

寒い日はお風呂で読書

3年くらい前に一度読んで、本棚に入りっぱなしだった「セロ弾きのゴーシュ」。昨日、外出先から帰って冷たくなった体を温めるために半身浴しながらもう一度読んでみました。

町の仲間と音楽会で披露する交響曲を練習するゴーシュ。楽長に怒鳴られてばかりで練習後に涙をこぼしてしまうけど、家で明け方まで演奏し練習を続け、夜中に家を訪ねてくる動物たちに相手をしているうちに、ゴーシュの演奏には動物たちの病気を治す力があることが判明。そして10日間の一人特訓後の本番で大成功を収め、みんなの喝采を浴びるセロ弾きのゴーシュ。

金星音楽団の中でも楽器はおんぼろ、センスもなし、怒られてばかりのゴーシュが、泣きながらもただひたむきにセロの練習に明け暮れて成長する様子が神話的で希望を感じるのと同時に、洋服作りを始めたばかりの頃、本当に自信がなくて、でも思うようにできないのが悔しくて、それでもただひたすら馬鹿みたいに黙々と続ける。そんな過去の自分自身に重ね合わせて読みました。

3年前に習い始めた絵画は、まだまだ思うように描けなくて、がっかりすることもあるけれど、その先の景色がいつか見れるようになることを信じて続けています。
f0212290_21522909.jpg
宮沢賢治のお話は、とても繊細で切ないけど愛に溢れているところが好きです。このお話は友達がいいよ! と教えてくれました。大人になっても好きな物語があることは、とても素敵だと思いました。

同じ短編集の中の「グスコーブドリの伝記 」では時代背景が厳しく生きるのは大変で、東北地方は寒さのために作物がとれなかったり、私の祖父や祖母の時代は大変だったろうなぁ、と作品からその時代の人たちの生活を想像してみたりもしました。
f0212290_21523576.jpg
上の写真は、今日のお散歩先の西郷山公園の夕日。
明け方の金星が輝く時間のお散歩中に感じ取る世界と、物語から受け取る世界は不思議につながってるように思います。



[PR]
by luceclassica | 2016-02-17 22:44 | 本棚

てんしの愛☆文庫本

f0212290_15465548.jpg
中森じゅあんさんの天使の本に出会ったのが、二十代の半ば。ちょうど今の仕事を始めたばかりの頃。当時は、驚きの気持ちを表すのに「信じられない〜*」という言葉が流行していたのですが、「信じられないっていう言葉を言う度に、一人の天使か逃げるんだって!!」というのを初めて聞いたのも、その頃です。

逃げるかどうかは、わからないけど、天使のモチーフをそばに置いたり、思い描くだけでも天使は、喜ぶよ...というのを聞いたことがあります。美しいメロディの音楽をかけたり、いい香りのするお花を飾ったりするのも、天使は大好きなんですって!!
f0212290_15471374.jpg
そんな優しい天使のメッセージがつまった「天使の愛」の文庫版です。
絵もきれいでしょ。小さいし軽いので、いつでもそばに置いて、天使の声を聴くことができます。悲しいとき、つらいとき、苦しいときは、天使の声に耳を澄ませましょ*
f0212290_15472228.jpg
23日の祝日は、自由が丘で開催された、中森じゅあんさんの「エンジェルカードの使い方」を学び、気づきを深めましょ*という講座に参加しました。天使は、単なる妄想でも空想癖でもなく、いつも私たちを守ってくれているのです☆とても楽しい時間でした。
f0212290_15473044.jpg
クリスマスは、あちこちに天使のモチーフを発見できる楽しい季節です。

そうそう、実家の姪っ子天使たち、ゆら・りんエンジェルから手紙をもらいました〜* 早く会いたいね☆Love
f0212290_15474113.jpg

[PR]
by luceclassica | 2011-11-26 19:31 | 本棚

おーじゃすの☆ひみつ

f0212290_17185893.jpg
服部みれいさん著「オージャスのひみつ」。自分をぴかぴかに磨いて、自分も皆もしあわせにしましょ!!という知恵がつまった本です。

オージャスという言葉は、アーユルヴェーダ用語で生命エネルギーのことだそうです。
みれいさんによると、オージャスは、おいしい食べものや、毎日の行いの他にも、オイルマッサージや瞑想によって増やすことができるのだそうです*

オージャスって何となく、オーラみたいに雰囲気のことをいうのかな...と想像したのですが、イメージ上のものではなく、オージャスという物質が私たちの体の中には存在するのだそうです。それは黄金色をしていて、炊きたてのごはんのような甘いかおりがするんですって。素敵でしょ*

人間として生まれたのならば、きらきらと輝きたいのは誰でも同じだと思います。
皆でオージャスを増やしてしあわせになりたいですね。
f0212290_1719610.jpg
おいしいものは、からだもこころもしあわせにしてくれるけど、からだとこころがオージャスが増えるのを喜んでいるからうれしくなるのかも知れません。

そういえば先日、下北沢にある有機野菜を使った地中海料理やさんのビオ・メゾンさんで食事をした時に、そのお料理のおいしさと、エネルギーの高さのあまりに、ついつい感情があふれ出してしまい、自分の手を、ぎゅっと強く握っていないと涙があふれそうになって、あわてたことがありました。きっとオージャスのあまりの多さに、からだが驚いてしまったのだと思います。
f0212290_17191451.jpg
アーユルヴェーダの理論にもとづくと、体質別にオージャスが増えたときの傾向も違うのだそうですが、基本的には、自分自身の本来の魅力を発揮できるようになるのだそうです。
f0212290_17193385.jpg
ほんとうに神秘ですね。
具体的にどうやってオージャスを増やしていくのか、細かいアドバイスもいっぱいだし、みれいさん自身の体験談も含め、興味深い記事ばかりです。平松モモコさんのやさしくてゆるーい雰囲気のイラストも満載で、休日にゴロンと横になっても読める、おすすめの楽しい一冊です。
f0212290_17194586.jpg

f0212290_17195390.jpg
うしろ姿も可愛いでしょ☆Love
[PR]
by luceclassica | 2011-10-24 21:21 | 本棚
f0212290_17484488.jpg
ことしの夏に見つけた本の一冊。日々の生活で早くまわり過ぎた時計をゆっくり巻き戻し、とげとげした心を、まあるくなでてくれるような文と写真。アメリカの絵本作家のマーシャ・ブラウンさんの本で、日本語訳は、谷川俊太郎さんです。

ちっちゃな ひな もう はくちょうの Sのかたちに くびを そらしている。
この きれいな けむしは はっぱを たべる いつか うつくしい ちょうちょうに なるために。
f0212290_17493213.jpg
ぬまの みずは まじめな 木々の かたちを さそい、いっしょに おどりだす
f0212290_17493953.jpg
木を だきしめてごらん。
そして 木の きているものを かんじてごらん。
くさきも だきしめる。 いのちがけで だいちへと のびてゆく。

わかい ねっこが としとった ねっこを だきしめる。
そして ふたつとも だいちを だきしめる。
f0212290_17494554.jpg
あわただしい毎日を静かな心で過ごすことは、難しいけれど、喧噪を離れ、こころが静まりきった(瞑想)時に出会う感覚に似ているなぁ...と一目惚れした本。今度マーシャ・ブラウンさんの絵本も読んでみたいな*
[PR]
by luceclassica | 2011-10-22 23:21 | 本棚

まぁまぁまがじん

f0212290_17213687.jpg
洋服屋さんで見つけて、創刊号に一目惚れしてから読み続けている雑誌。
マーマーマガジンの13号。
f0212290_17214377.jpg
誰かが作り出す流行に流されず、編集長の服部みれいさんが、本当に感じていること、いのちのこと、からだのことなど深いテーマだったり、それとは対照的な、おしゃれファッションページが大好きでしたが、3月の地震以降、ますます、独自路線がストレートに伝わってくる気がします*

「今いちばん知りたい未来をつくる方法のこと」というテーマでは、田中優さん・鎌仲ひとみさん・ヘレナノーバーグさんのインタビューも。じっくり読みたいです。

1992年の環境サミットでの、ブラジル人の12歳の少女のスピーチも今だからこそ読み返して、今私たちに何ができるのかを考え直すきっかけにしたいと思います。
f0212290_17215547.jpg
この本がきっかけで、はじめた「冷えとり健康法」も7月で丸2年が経ちました!! 真夏に靴下をたくさん履いていると???と思われることも多いのですが、冷えとりファッションページはやっぱり可愛い☆ 

ちなみに冷えとり用の靴下は、ゆる〜い感じで、重ねても苦しくなく、ふんわりと包まれているような心地よさがあるんですよ* 今では、人気が高くて、なかなか入手も困難らしいですが...
f0212290_17221298.jpg
みれいさんもたくさん登場しています!!
f0212290_17222323.jpg
マーマーマガジンは、やっぱりいつも元気をくれる☆から好き。

以前から、とても気になっていた天国のような病院「川越胃腸病院」の特集も興味津々です。「やさしくしあうこと」「小さな気遣いの重なり」がこんなにも世界を変えられるとは...ぜひ私たちも実践したいです。すべては思いやりなのですね。

そしてそして、今回も「8つのコンシャスプラン なにかいいこと」

してもらおう
どうせを手放す
空にヒントが
力を蓄える
服であそぼう
目標を見直そう
育てよう
主役になるとき
[PR]
by luceclassica | 2011-08-27 18:44 | 本棚
f0212290_1935967.jpg
人気雑誌・マーマーマガジンの編集長、服部みれいさんの新刊
「あたらしい自分になる本」。黄色い背表紙と手書きのタイトルが可愛い*
f0212290_194829.jpg
表紙は、まるで山や道のような、教会の三角屋根にも見えるおしゃれなデザイン。
みれいさんとファンとしては、「みれい道」という人生を表しているように見えます。
f0212290_1941719.jpg
マーマーマガジンを初めて手にした時、この本は今まであるどんな本とも違う、こんなにも、あたらしくて、おもしろい雑誌を作っている人ってどんな人なんだろう・・・と興味が湧きました。そんな魅力いっぱいのみれいさんの知恵が集められた一冊。自然治癒力を生かして、自分を輝かせる方法がたくさん。
f0212290_1942869.jpg
気高い努力もされているのに、語り口もイラストも、力が抜けるくらいに、ふわふわでやわらかく、言葉がすっと体に入ってくる感じなところが好き。
f0212290_1943582.jpg

f0212290_1944676.jpg
「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「あいしています」という言葉のクリーニングで、たましいまでクリーニングするハワイのホ・オポノポノ。

姉が飼っているの犬、Neneは、この言葉をかけて撫でてあげることで、ずいぶんと体調を回復したみたいです。やっぱり愛の力は強し。わたしもマーマーマガジンで出会ってから実践しています。

f0212290_195578.jpg
くつ下を重ねばきしたり、半身浴をしたりする、冷えとり健康法をはじめてから、もうすぐ2年です。レモンが表紙のマーマーマガジンのファッションページで、憧れのスタイリスト岡尾美代子さんが手掛けた写真を見たのがきっかけです。
からだを冷やさないように気をつけるようになって、同じような出来ごとも、全然違う視点からものを見れるようになったと感じています。瞑想もこころのお掃除(強力洗浄)ですが、冷えとり健康法もわたしにとって、瞑想と同じくらいに毎日の生活に欠かせないものに・・・。
他にも、まだまだみれいさん独自の切り口で、楽しく・美しく生きる方法が盛りだくさん。是非本屋さんで手にとってみて下さいね。
f0212290_1951493.jpg
大きな地震のあとは、世の中全体の人が大きな変化に不安をおぼえていて、今どうしたらいいのか、わからなくなっていると思います。自分の力は小さいけど、おびえずにあたらしい自分に出会えば、自然と勇気が湧くような気がします。みれいさんのパワーとお知恵を拝借して、皆で元気になりましょ!!
f0212290_1952040.jpg
素敵な本を読んで、こころが洗われたら、小さなレースがついた木綿のパジャマを着て眠りたくなりました。

ところで、この本の編集を担当された方が私たちのお客さまだったので驚きました!!
四ッ谷のクルトゥルハイムで2週間前に挙式をされたばかりのRieさんが、みれいさんのブログに登場していたN嬢だったと知ったときは、かなりびっくりしてしまい、ウエディングドレスを着られて、サイズ小物合わせ中のRieさんに、お仕事のことばかりお話していただいてしまい、恐縮しました。
Rieさんは、とても細やかで、こころやさしく、自然体の女性ですから、初めてお会いした時から、何か通じ合うものを勝手に感じていたのですが、冷えとり健康法をされたり、ホ・オポノポノをされたりとマーマーマガジンを通して、共通点があったからですね。不思議な出会いにこころが弾み、うれしく思いました。
ご活躍中の服部みれいさん、そして私たちの大切なお客さまでもある素敵な女性、
野田理絵さん、共にこころから応援しています☆
[PR]
by luceclassica | 2011-05-02 23:48 | 本棚

てんしのあい

f0212290_18155079.jpg
地震から3週間以上経ち、色々な情報も飛び交っていて不安も高まる毎日ですが、被災地では、犠牲になった方、まだまだ苦しんでいられる方やご家族が行方不明の方、物資も届かず不安な毎日を過ごす方、危険な原発で働く方や救助の方、ご家族の方の気持ちを想像するだけで苦しくなり、地震の傷跡の大きさを感じずにはいられません。
祈るだけで、本当に思いは伝わるのか、それ以外にできることがあるのに、やっていないのでは・・・と思う気持ちも誰もが抱えていると思います。
f0212290_18155878.jpg
10年以上前に購入した「天使の愛」新世紀バージョン。アートワークは横尾忠則さん。中森じゅあんさんが天使から受け取ったメッセージが綴られているビジュアルブックです。
f0212290_1816767.jpg
気持ちが前向きで元気な時や、平和な時には、シンプルなメッセージは、逆に届きにくいこともあります。なにか壁にぶつかった時、こころのバランスをとりたい時に、開いては眺め、天使の純粋なメッセージに励まされることも多くありました。

f0212290_18161691.jpg
この大地震のあとに読むと、ひとつひとつのメッセージが深く、強く胸に刻まれます。
f0212290_18163427.jpg

勇気をあなたの友達にしなさい
くじけそうになったら
その友達を呼ぶのです
そうすると頼もしい友達は
あなたがどんな場所にいようとも
明るい 安心なところへと
連れ出してくれるでしょう

勇気をあなたの行動にうつしなさい
決心するだけでなく
やり抜くことがすべてです
その時 賢明な友達は
あなたにヒントと応援を送りながら
目的地 新しい世界へと
導いてくれるでしょう

勇気があれば
時おりかかる心配の霧も
払いのけられるでしょう
勇気があれば
襲いくる困難の暴風雨も
突き抜けられるでしょう
勇気があれば
あなたの人生には
かならず 朝日が昇ります

f0212290_18164939.jpg
わたしたちの思いが波動となって届くので福島原発のために祈って下さいと呼びかける方がいて、わたしも部屋の壁に貼って毎日お祈りしています。

f0212290_18165875.jpg
「福島原発の中の水たちよ、辛い思いをさせてごめんなさい。我々を許して下さい。そして有難う。愛しています。」
このメッセージを手を合わせて3回祈ります。


これからも、生かされていることへの感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいです。
[PR]
by luceclassica | 2011-04-03 15:02 | 本棚
f0212290_16553936.jpg
村上さなえさんという占星家の方の新刊「ヴィーナスのルール」という美しい本。この本のイラストを担当された日端奈奈子さんが送って下さいました。
f0212290_16555036.jpg
奈奈子さんは、私たちの大切なお客さまの一人です。とっても繊細なイラストを書かれる活躍中のイラストレーターさんです。

「恋をしたいのなら、自分の中に眠れるヴィーナスを目覚めさせて」というメッセージの込められた一冊です。愛と芸術の☆金星の力を引き出すのは「気づき」次第なんですって。「愛しい」「美しい」「楽しい」「うっとり」「気持ちいい」そんな感受性を育む愛の女神を意識することでヴィーナスを呼び覚ますことができるそうです。
f0212290_1656851.jpg
奈奈子さんのイラストは、女神にふさわしい気品と美しさがあって、いつまで眺めていたくなります。
f0212290_1656197.jpg
愛の色・ピンクやお花モチーフを身につけたら恋愛気分もアップ☆
f0212290_16564481.jpg
女神のシンボルは「バラ」「蝶」「白鳥」「白いハト」「りんご」「イチゴ」。憧れのモチーフが恋の味方をしてくれるそうです。
f0212290_1656529.jpg
結婚を引き寄せるというテーマのページで、ルーチェクラッシカのドレスをイメージして書いて下さったそうです*うれし涙*
f0212290_1657086.jpg
奈奈子さんの作品集のような一冊、スピリチュアルでファンタジックで、宝物のような素敵な本です。本屋さんで手にとってみてくださいね。
f0212290_16571396.jpg
ふかふかしたうさぎのイラストの年賀状には、キラリ光るものがありました。元旦に届いた奈奈子さんからのプレゼント、大切にしますね。スタッフ皆で、興味津々に拝見して盛り上がりました。ありがとうございました。

f0212290_16575646.jpg
奈奈子さんの、これからのご活躍を、私たちもKikiも応援しています。またアトリエにも遊びにいらして下さいね。ご紹介して下さった、お友達のAyaさんにもよろしくお伝えください。私たちは、お二人の醸し出すやさしい雰囲気が大好きでした!!
[PR]
by luceclassica | 2011-01-09 18:44 | 本棚
f0212290_1523769.jpg
塩むすびが、ぽっかり浮かんでいるマーマーマガジン特大号no.10。最近、佐藤初女さんの「おむすびの祈り」という本を熟読しては、涙がとまらなかったので、塩むすびの絵にぐっときました。いつもマーマーマガジンは、気になるテーマを一歩先に歩いて「こっちだよー」と言ってくれている気がします*
f0212290_152453.jpg

f0212290_1525762.jpg
大好きな黒柳徹子さんの大特集は本当にうれしい!! じっくりじっくり読みました。明るくて奔放でおおらかで憧れの女性です。
f0212290_1531242.jpg
秋の冷えとりファッションページもおしゃれです☆
f0212290_1532019.jpg
進藤幸恵さんの「冷えとりは気持ちいい」の連載も毎回楽しみ。
f0212290_1532924.jpg
猫のマー子のページ。いつかにゃーにゃーマガジン見てみたい。
f0212290_1535068.jpg
おっぱいTシャツがキュートな徹子ちゃん、可愛い☆
f0212290_154136.jpg

そんなチャーミングな徹子ちゃんのコンシャスプラン
1 いつも柔軟に
2自分は自分
3人生には慣れないで
4自由な好奇心を
5自分らしいファッション
6自分探ししない
7すぐやめない
8自分らしくいる

そして、そして服部みれいさんの8つのコンシャスプラン
1勇気を出そう
2うらやましがらない
3よい調味料をつかう
4枯れ葉を踏みに行く
5ほめほめ星人になって
6率直にいう
7ヘアケアに注目する
8はじめての恋のように


12月20日には、マーマーマガジン11号が新しく出るそうです!!
[PR]
by luceclassica | 2010-12-18 19:15 | 本棚

冷えとり☆ビューティ

f0212290_18244533.jpg
待ち望んでいた「冷えとりガールのスタイルブック」が発売になりました。ちなみに表紙のくつ下と湯たんぽ、写真ではなくイラストです。
f0212290_1825171.jpg
足もとをあたためたら、からだもこころも変わるよというメッセージがつまった一冊。ひえトリさんも応援しています。
f0212290_1825938.jpg
マーマーマガジンに掲載されていたこの写真に一目惚れしてはじめた冷えとり健康法。スタイリストの岡尾美代子さんが提案するファッションページはやっぱり素敵・・・。可愛いだけじゃなくて、パワーを感じるスタイリングにまたまた惚れました。岡尾さんが集めた、あったかアイテムの写真も充実していてうれしい。岡尾さんのスタイリングは、オリーブ時代からのファンですが、その頃から足もとのおしゃれな重ね着感覚がチャーミングでとても印象に残っています☆ 冷えとり最新ファッションにドキドキしました。
f0212290_18251843.jpg
冷えとり健康法を考案された進藤義晴先生の娘さん、進藤幸恵さんと服部みれいさんの対談!! めんげんについて、とても参考になりました。奥の深い冷えとり健康法。これからが私の冷えとり生活のはじまりだなぁ・・・と考えさせられるきっかけとなりました。それにしても、ひとりひとりの人に冷えとり物語があるのですね。みれいさんはじめ、美女5人の体験談や冷えとりガールズのファッションページにも励まされました。
f0212290_18253736.jpg
くつ下の写真。こんなにもきれい。他にも美しいビジュアルがいっぱいです。
f0212290_18254383.jpg
服部みれいさんが繰り広げるスピリチュアルワールドはいつもビューティ。本当の美しさを目指しましょ☆
f0212290_18255040.jpg
キキも湯たんぽして冷えとりビューティ挑戦中!!
[PR]
by luceclassica | 2010-10-21 20:08 | 本棚