「ほっ」と。キャンペーン

ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:色々散策( 7 )

冬らしいツーンとした乾いた空気の毎日ですが、日差しのもとではポカポカあたたかくお散歩日和ですね。

昨日はお休みで出かけていたのですが、どうしてもお花が見たくて短い時間でしたが井の頭公園に立ち寄りました。宝石にもまけないようなキラキラの太陽。
f0212290_10161967.jpg
真冬の寒さにも負けず、楽しいそうに咲いている椿に元気づけられます。ココ・シャネルは椿を生涯愛し、装飾モチーフにカメリアをつけました。そんな芯の強い美しさはやはり女性の憧れです。
f0212290_10183357.jpg
池に映ったお日様の光が反射して虹色に。
f0212290_10163056.jpg
井の頭公園といえば白鳥のボート。
f0212290_10185573.jpg
よい眺めでした。
f0212290_10174596.jpg
以前見た宮澤りえさん主演のグーグーだって猫であるのドラマ版。井の頭公園の美しさが余すところなく表現されていて愛を感じ、改めてりえさんと井の頭公園のファンになりました。もちろん猫さんも!!

雰囲気も居心地も満点の井の頭恩賜公園。またゆっくりお散歩したいです。





[PR]
by luceclassica | 2015-12-02 10:30 | 色々散策
今週末の29日までとなったブルガリ展。お休みだった昨日、行ってきました。

洋服の展示があるとは予想していなかったのですが、入ってすぐのところに古い時代のウェディングドレスが飾ってあり、その美しさにみとれました。花嫁の体のラインをやさしく包むなめらかなシルエットと長いトレーンが夢見心地でした。

宝石の世界は、ひとことでいうとまさにエレガント!! 日頃あまりエレガントさということを意識したことがなかったのですが、女性らしさの輝きを肌で感じることができる夢のようなひとときでした。
f0212290_22222616.jpg
個人的には1920年代から30年代の繊細で曲線が描かれたものに心惹かれました。
豪華さでいうと、このチケットの写真のものもそうですが、1950年代に活躍された女優さんエリザベス・テイラーのためにつくられたエメラルドのネックレスやお花のブローチの輝きが特別に感じられました。

ライトアップされたダイヤモンドや宝石たち。磨かれてデザインされ沢山の人に賞賛され続けるジュエリー。やはり石の文化が根付いているヨーロッパならではの美意識、日本人の平面文化とは奥行きが違うなぁ。と圧倒されながらも、このジュエリーを身につけるにはやはりシンプルなドレスに限るなぁ、などなどいろいろ夢がふくらみました。
f0212290_22223281.jpg
トーハク(東京国立博物館)の前に佇む、明治生まれの大きなユリノキさんがたまらなく好きです。
f0212290_22225723.jpg
自然やアートなど、きれいなものを見たり聴いたりした日は、夜眠る前に目を瞑ると光が見えることがあるのですが、この日は起きているうちに光が瞬いていました。宝石効果でしょうか!

気になっていた方には是非おすすめの展示です!!




[PR]
by luceclassica | 2015-11-26 21:42 | 色々散策
かなりの混雑状態との噂を聞き、行列が苦手でなかなか足が向かなかったモネ展に先週のお休みの日やっと行ってきました。

看板の絵、ヨーロッパ橋 サン=ラザール駅は、まさに煙を上げて今もなお生きているかのような熱気を感じました。街や駅や列車の息吹きを感じました。
f0212290_23052220.jpg
マルモッタン・モネ美術館所蔵の絵画は、モネが86歳で亡くなるまで手元に置いた作品だけあって、今まで見たことのある落ち着いたモネの絵の印象とも少し違い、生き生きしているように思いました。

モネといえば睡蓮の認識が強かったのですが、それ以外のお花の絵もとても好きでした。白いクレマチス、睡蓮とアパガンサス、チューリップ畑、アイリスなど美しい色合いと情熱的なお花への愛情が伝わってきて、とても優しく幸せな気持ちになれました。

雪の効果・日没という絵は、雪国生まれにとってはぐっとくるノスタルジィを感じて子供の頃の妄想の世界とモネの絵画の世界の区別がつかない不思議な感覚になりしばし見入ってしまいました。

最後の出口にあったアトリエでのモネの写真は語りかけるかのようにこちらをぐっと見据える強い視線に引き込まれるような感じがして、時代が移り変わってもなお多くの人を惹きつけてやまない、溢れる才能に改めて敬服しました。

期間はもう少しですが、もう一度ゆっくり見てみたいと思ってしまう魅力的な作品ばかりでした!!





[PR]
by luceclassica | 2015-11-20 23:31 | 色々散策

皇居内の二の丸庭園

ドレスの型紙は大きくて机では広げられないので、床作業をすることが多いのです。少しなら構わないのですが、長時間床を向いて作業をしていると胸が圧迫されたような苦しい気持ちになることもあります。

今日は少し長時間(ほぼ1日)床作業になったので、ちょっと自分を励ますために、先週のお休みに出かけた公園の写真をアップします。

皇居の東御苑というお庭は一般にも公開されていて無料で入ることができます。

東京駅近くの美術館に行く時に立ち寄ることが多いです。
後ろのビルとの対比がすごい門がまえ。
f0212290_22184799.jpg
秋らしいススキも風に揺れていました。

f0212290_22182959.jpg
立派なイチョウさん。垂乳根があるので女性の木。
f0212290_22124845.jpg
久々のお天気ということで多くの人で賑わっていました。皇居という場所柄か外国人の方が8割くらい。
f0212290_22205029.jpg
目的は入り口から入って右側に進んだ二の丸庭園。ここの雑木林がとても美しいんです。
f0212290_22131737.jpg
真っ赤な実も久々のお日さまを浴びて嬉しそう。
f0212290_22284131.jpg
尊敬している梅の木の葉っぱも風に揺れていました。

f0212290_22283241.jpg
水草の黄色いお花が可愛い。
f0212290_22183645.jpg
立派な楠の木さんに見とれる。
f0212290_22210012.jpg
自然は、純粋なパワーに満ちていて頭の中を空っぽにしてくれる。考えとか心配とか全部忘れて生きていることが嬉しいって思い出させてくれる自然に感謝 。

都心なのに、森の中にトリップしたみたいな気持ちにさせてくれる東御苑の二の丸庭園。おすすめお散歩コースです。


[PR]
by luceclassica | 2015-09-11 22:46 | 色々散策

樹木の祈り*

f0212290_14295374.jpg
新緑の季節ですね。成長中の葉っぱが生い茂った木の下を歩くのは、本当に楽しいです。グリーンシャワーを浴びているみたいな気持ちになります。剪定をされていない自然のままの姿をした木は、のびのびしていて、おおらかに感じます。
f0212290_1430246.jpg
春に熱狂したお花見の桜の木も、元気な葉っぱと可愛らしい赤い実をつけていました。
f0212290_14345261.jpg
雀さんの鳴き声も、春は格別にうれしそう*
f0212290_14303014.jpg

f0212290_14303619.jpg
子供の頃、台所の窓から見える2本のスモモの木が海からの季節風(ヤマセ)に吹かれると大きく揺れて、まるで木に人格があるみたいだなぁと思っていました。でも「小学生なのに、こんなこと考えるなんて、子供じみてて恥ずかしい...」とも感じていました。
f0212290_14304359.jpg
大人になって、樹木にも知性があって、わたしたち人間にメッセージをくれているんだよってわかって、子供の頃感じたことを思い出し、うれしくなりしまた。
f0212290_14305069.jpg
私たちが気ままに、木の下を行ったり来たりしても、樹木たちは、永遠の祈りの中でじっと、祝福を注いでくれているのだそうです。木の周りに来るものたちすべてを抱きしめてくれているんですって。だからグリーンシャワーを浴びると幸せで元気になれるんですね。
f0212290_14355663.jpg
イチョウの葉っぱのデザインが可愛くて、幼稚園の頃に枯れ葉になった黄色いイチョウの葉っぱを集めた記憶があります。
f0212290_1431590.jpg
人間が略奪的な意識で樹木の世界をおびやかしても、豊かな実りを与えてくれる樹木に対して、自分の力では微力すぎて何もできないと感じてしまいますが、そんなおおらかな木の存在自体をとても愛おしく感じます。
f0212290_14311111.jpg
澄み切った純粋なエネルギーを送ってくれる木に会いに行くのが、今一番の楽しみになっています。
f0212290_14311997.jpg
また来るね☆
[PR]
by luceclassica | 2012-05-26 14:44 | 色々散策

あたまの上の☆大宇宙

ヒラタノボウシ展」に行って来ました。

帽子を仕事にして70年以上という平田暁夫先生。

3000点の白い帽子と、120点の作品が、テグスで吊るされていて、帽子たちがゆらりゆらりと風で揺れるので、何ともいえない不思議な空間に、軽いトランス状態になりそうでした。

作品は、エレガントなものから、遊び心いっぱいのユニークなもの、独創性にあふれたものばかりで、まるで不思議の国のアリスの帽子屋さんの世界。とっても幻想的でした。頭の上にかぶるものが、こんなにも宇宙的な広がりを感じるなんて...研ぎすまされた感性で作られたものたちは、やはりすごい力を持っていると感じ、ひとつひとつの帽子をいつまでも見ていたいくらいでした。

1960年代の、フランスでの修行時代に身につけた技術で、美しさや個性を表すだけでなく、被りやすさや、持ち運びやすさを追求され続けたからこそ、時代に流されることがなく、愛され続けられていられるのだと感じました。

平田先生のメッセージに、「今、日本が困難で苦しい時代だからこそ、物作りの素晴らしさを人に伝えたい...」と、ありました。好評につき、期間が延長されたそうで、7月3日までスパイラルガーデンにて無料展示されています。是非足を運んでみて下さい。

私たちのアトリエも、時代に求められるドレスや小物作りを続けて行けるよう、明日からの一週間も気を引き締めて、がんばりたいと思った休日でした☆

今日は、6月22日、夏至の日ですね。
春分の日や秋分の日と同じく、瞑想するとか、こころを静かにするのに、ふさわしいとのことです。
ざわざわした心を静めて、夏に向けて、あらたな気持ちでスタートしたいですね*

緑のカーテン計画、遅ればせながら昨日ネット張りをして、ゴーヤを植えました。
小さな小さな庭なので、他の野菜に影響がないか、ドキドキですが...。
今日の気温は32度。 昨日から外の空気が、すっかり夏のにおいに変わっていました*
皆さんも、水分や塩分の補給などされて、熱中症などには、ご注意くださいね。
[PR]
by luceclassica | 2011-06-22 22:04 | 色々散策

はらじゅく☆

今日は、ヘアメイクの打ち合わせで原宿へ。

日曜日の原宿を味わったのは、何年ぶりかな・・・。
活気に満ちあふれてて楽しいけど、あまりの人の多さに窒息しそう。。。
息が苦しい。。。とにかく人・人・人。
f0212290_22131373.jpg

駅からの道を歩いていると、神宮前交番の前で、ざっと200人以上のサンタクロースに遭遇!! 子供も、大人も、お年寄りも、みんなの顔に微笑みがこぼれる。ちっちゃい子は握手してた☆可愛い。何かの商品のPRだったみたいだけど、楽しかった。
f0212290_22133923.jpg

原宿は、人も多いけど緑も多いから、帰り道は、黄色く染まったイチョウの葉っぱのじゅうたんを踏みながら、癒されました。
f0212290_2214632.jpg

[PR]
by luceclassica | 2010-11-28 22:14 | 色々散策