ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:日々思うこと( 5 )

下北沢の駅から15分ほど歩いたところにある森巖寺の中にある淡島堂の中にいらっしゃる淡島さま。

こちらでは、毎年2月8日に折れた針や曲がってしまって使えなくなってしまった針を供養してくださいます。今まで頑張って働いてくれた針を休めるために、お豆腐に刺して今までの苦労をねぎらい感謝します。

お坊さまのお話によると、現在では職業や家庭で針を使うことも少なくなっていますが、衣食住の衣の部分で切り離せない針以外にも、すべてのものに命が宿っていることに感謝するための行事となっているとのお話でした。

なかでも印象深かったのは「針供養という行事で、形を整えることにより、みんなですべてのものに感謝を深めていくことが大切」ということでした。

真ん中にいらっしゃるのが淡島さま。左で微笑んでいらっしゃるのが大黒天さま。
f0212290_21343081.jpg
この立派な木の門は、毎朝7時に開きます。
f0212290_21351448.jpg
立派なイチョウの木は枝がまるで手をつないでいるかのように見えます。
f0212290_21342300.jpg
いつもはとても静かな場所ですが、今日はたくさんの方で賑わっていました。
和裁士の方々は和服で参加されて背筋が伸びます。
f0212290_21395013.jpg
淡島幼稚園のちびっこさんたちも楽しんでいました。
f0212290_21341114.jpg
梅の花がとても綺麗です。
f0212290_21335603.jpg
お針塚とイチョウさん、そして幼稚園
f0212290_21393694.jpg
閻魔さまとお不動さま・いつも扉の隙間からしかお参りできませんが、この日はオープンになっています
f0212290_21364433.jpg
美しい弁財天さまと宇賀神さま・知恵と技芸そして豊かさを与えてくださいます
f0212290_21361139.jpg
淡島さまがいらっしゃる、お膝元でお裁縫に携わる仕事ができることに感謝して、これからもたくさんの人の心に残るドレス作りに励みます!!



[PR]
by luceclassica | 2016-02-08 22:22 | 日々思うこと

差し出せる人

年明けの3連休もご遠方の方などもいらしてくださって、ご縁を感じるお客様との嬉しい出会いもありました。

日頃のドレスの製作やドレス選びの接客で心がけていることがあります。

まず、その方のチャームポイントは何かということを見つけ出すこと、ふんわりした柔らかいイメージなのか、好奇心いっぱいの若々しさなのか、普段のご自分とは違う一面を表したいのかなどなどを感じとり、外側と内側の魅力を見つけるのは楽しい作業です。

もちろんお会いしてすぐには難しいのですが、少しお話をしてお好みやどう見せたいかなどをうかがっているうちに湧いてきます。わたしなりのイメージとお客様がイメージしているものが違うこともありますが、まずはお客様のお好みを優先してうかがい、必要があればおすすめをするというスタイルです。なんと言っても、ご本人の一番のお気に入りを探すお手伝いが仕事です。

目に見える表面的なもののほかにも、その方がお持ちの内面的なものを洋服で表現したいと思っています。
f0212290_20374406.jpg
いつも胸に花束を抱いていて差し出せる人、それがわたしの夢であり、目標です。

そう願って自分のビジョンボードに切り抜きを貼っていたら、実家の姪がこんな絵を送ってくれて驚きました。
なぜか人にお花を手渡している絵。ちょっとどっきりしました。
f0212290_20502262.jpg
お正月賑やかだった実家が恋しくもなりますが、姪たちがくれる手紙や絵に励まされ、今週もがんばります!!



[PR]
by luceclassica | 2016-01-12 21:00 | 日々思うこと
アトリエでは年内の挙式の方の準備も終了して、一息ついたところです。

今年もたくさんの出会いがあり、大切な一日のためのお手伝いをさせていただきました。
素敵な方との出会いはそれだけでも嬉しいものですが、やはりお客様のお役に立ち、喜んでいただけることが一番の喜びです。

今年はアトリエをオープンしてからちょうど20年目に入り、夏には人前でウェディングと花嫁についてお話させていただく機会などもいただいて、過去を振り返ることもある一年でもありました。

ルーチェをはじめてからは、本当に朝から晩まで製作、そして接客など仕事に追われることも多く、あまり過去を振り返ることも少なかったので、プレゼンにあたり過去の写真やドレス、資料などを見て結構がんばっていたな、と自分を褒めてあげたいそんな気持ちになりました。
f0212290_20595345.jpg
これもすべてお客様や様々な出会いがあってこそ。
ほんとうに支えられてきたなぁと振り返りる機会をあたえられたことにも感謝です。

冬はお花が少ない時期ですが、公園にはエチゼンスイセンが甘い香りを放って堂々と咲いていました。
いつの季節にもお花に心惹かれるのは、健気さ、純粋性、完璧なデザイン、そして時の移り変わりを教えてくれることです。

人の気持ちまで変えてしまうことのできるお花、そしてお花にたとえられる花嫁はいつの時代も注目の的ですね。そんな花嫁を美しく輝かせるためのお仕事に携わることができて嬉しいです。

今日は冬至ですね。身も心も温かくして冬を味わいましょう*


[PR]
by luceclassica | 2015-12-22 21:23 | 日々思うこと

元気が欲しい時には

日々の疲れがたまっていたり、悲しいことがあったり、ショックを受けるようなことがあった時、もちろん単純にリフレッシュしたい時にも公園を訪れて植物の優しさに身を委ねてみると、こころが自然と落ち着きます。

樹木や草花の素直でまっすぐな気持ちに触れると自分のこころもバランスがとれてくる気がするからです。昨日知った「シロヨメナ」白嫁菜。花嫁みたいな可憐さからの名前でしょうか。
f0212290_19492218.jpg
こちらはシラヤマギク
f0212290_19485474.jpg
こちらはノコンギク
f0212290_19484693.jpg
ツワブキさんの黄色いお花
f0212290_19525709.jpg
アーチ状になっているところが素敵
f0212290_19483220.jpg
竹林には神秘的なオーブがいくつか
f0212290_19494227.jpg
平日の公園は静かです
f0212290_19490537.jpg
まんまるの葉っぱが可愛いです
f0212290_19475943.jpg
葉っぱも秋色
f0212290_19493084.jpg
曇り空のあいまに見える光
f0212290_19501336.jpg
公園散策のポイントは一人で訪れることです。誰かとおしゃべりをしてしまうと、せっかくの植物の気持ちと同調することができなくってしまい、どこであれ日常と同じになってしまうのです。植物があるところで一人たたずんでいると、植物の波長に近い感覚になれてファンタスティックな世界が広がり、元気を取り戻すことができますよ。

ただぼんやり歩いてもいいし、植物にこころのなかで自分の思いを話してもいいし、いろいろな観察してもいいし、なんとなく見えるところだけ見てもいいし、決まりはありません。

そして家に着いたら、ゆっくりからだを休めるのもコツです。毎日急ぎ過ぎる時間を巻き戻すような感覚で自分のペースを思い出せるリフレッシュ方法です!!

今日もお疲れ様でした。

[PR]
by luceclassica | 2015-10-22 20:09 | 日々思うこと

うまくいかない時は

日々のものづくりや仕事を通じて、ものごとが思ったように進まなくて悩んでしまったり嫌なことが続いて先に進めなくなったりすることがあります。

ついつい考えの堂々めぐりが続いたり、こうすればよかったのかなとか、どうしてこうなったのとか思考が止まらなくなり、ますます深みにはまって自信がなくなることが随分長く続きました。
f0212290_22252288.jpg
そこから自分で抜け出るのはとても難しいけど、どうしたらよいのかと考えを巡らせ、ふと自分なりの答えを見つけたように思いました。

もしも体が疲れていたら、じっくり休む(眠る)
体が元気になったら、気になっていたことをとことんやってみる。

わたしの場合は、いつも気にしていたけどやっていなかった場所のお掃除をじっくりと丁寧にやってみました。
そして心がスッキリしたら嬉しい気持ちになって自然と前向きな気持ちに戻り、もやもやの堂々めぐりからことができたような気がしました。

自分自身でどうにかしようとばかりがんばってしまいがちですが、今やれることに心を込める、そしてあとは自然の摂理に任せてみたら...と十五夜のお月さまを眺めながら感じました。

私たちに恵みをあたえ続けてくれる自然に感謝する古い時代からの日本人の知恵に改めて、感謝です。
f0212290_22251159.jpg
今日も一日がんばりましょう!!


[PR]
by luceclassica | 2015-09-29 09:01 | 日々思うこと