「ほっ」と。キャンペーン

ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

森巖寺・淡島さまにて針供養

下北沢の駅から15分ほど歩いたところにある森巖寺の中にある淡島堂の中にいらっしゃる淡島さま。

こちらでは、毎年2月8日に折れた針や曲がってしまって使えなくなってしまった針を供養してくださいます。今まで頑張って働いてくれた針を休めるために、お豆腐に刺して今までの苦労をねぎらい感謝します。

お坊さまのお話によると、現在では職業や家庭で針を使うことも少なくなっていますが、衣食住の衣の部分で切り離せない針以外にも、すべてのものに命が宿っていることに感謝するための行事となっているとのお話でした。

なかでも印象深かったのは「針供養という行事で、形を整えることにより、みんなですべてのものに感謝を深めていくことが大切」ということでした。

真ん中にいらっしゃるのが淡島さま。左で微笑んでいらっしゃるのが大黒天さま。
f0212290_21343081.jpg
この立派な木の門は、毎朝7時に開きます。
f0212290_21351448.jpg
立派なイチョウの木は枝がまるで手をつないでいるかのように見えます。
f0212290_21342300.jpg
いつもはとても静かな場所ですが、今日はたくさんの方で賑わっていました。
和裁士の方々は和服で参加されて背筋が伸びます。
f0212290_21395013.jpg
淡島幼稚園のちびっこさんたちも楽しんでいました。
f0212290_21341114.jpg
梅の花がとても綺麗です。
f0212290_21335603.jpg
お針塚とイチョウさん、そして幼稚園
f0212290_21393694.jpg
閻魔さまとお不動さま・いつも扉の隙間からしかお参りできませんが、この日はオープンになっています
f0212290_21364433.jpg
美しい弁財天さまと宇賀神さま・知恵と技芸そして豊かさを与えてくださいます
f0212290_21361139.jpg
淡島さまがいらっしゃる、お膝元でお裁縫に携わる仕事ができることに感謝して、これからもたくさんの人の心に残るドレス作りに励みます!!



[PR]
by luceclassica | 2016-02-08 22:22 | 日々思うこと