ルーチェな暮らしと、 lucehappy.exblog.jp

ルーチェクラッシカのデザイナー光田実土里によるBlog ウエディングドレス作りについてや日々の感じたことなどについて書いています。


by 光田 実土里(ゆらりな)
プロフィールを見る
画像一覧

「マドレーヌ・ヴィオネ」に憧れて...*

f0212290_1425911.jpg
映画「エディット・ピアフ愛の讃歌」を何度も観ては、ピアフの熱い情熱が伝わる歌声と、心躍るような軽やかなアコーディオン、そしてパリの空を感じるようなドレスを少し表現できれば...と願って出来上がったコレクション「Rose」より。
f0212290_143853.jpg
1910年代から30年代にかけて、パリで活躍していたドレスデザイナーの「マドレーヌ・ヴィオネ」は、重い鎧のようなコルセットを追放し、ギリシア・ローマ時代のような自然なからだの線にそったドレスを数多く生み出しました。

洋服は、「布」「からだ」「引力」「装飾」の4つの要素から成り立っていて、ヴィオネのドレスは、その「調和」と「不調和の」ハーモニーが見るものに快感を与え、魅力を感じさせてくれる...とヴィオネ研究家のベティさんが語っています。

ヴィオネ自身の言葉に「シンプルであるということは、複雑なものをすべて含んでいるということなのよ。それは経験の最後の段階にあるもの。そして、天才がそれに向かって努力する唯一のものなのよ...」

そんなヴィオネのバランス感覚、泉のように湧き出る創造力とアイディア、情熱と精神力そして才能にいつも敬意と憧れを持っています。
f0212290_1431451.jpg
ヴィオネのドレスに一歩でも近づけるように願いながら、なめらかでやわらかで風にそよぐようなドレスをイメージしてデザインした「オーロラ」。細やかなプリーツとチュール重ね、そして胸元のリボンとドレープが特徴です。

f0212290_1432055.jpg
1920年代が舞台となっている話題のサイレント映画「アーティスト」でも主役のペピーが素敵な衣装とアクセサリー、帽子を身につけています。ヘアメイクもとてもチャーミング!!純粋でおおらかなペピーの人柄にも惚れました*
[PR]
by luceclassica | 2012-04-14 20:08 | ドレスの魅力